So-net無料ブログ作成
検索選択
前の1件 | -

『ヒマラヤ 地上8.000メートルの絆』7月30日公開 [映画紹介]

待ってろよ、必ず迎えにいくー
『ヒマラヤ 地上8.000メートルの絆』
himalayas-main.jpg
© 2015 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved.
7月30日(土)より
ヒューマントラストシネマ有楽町 シネマート新宿ほか全国順次ロードショー


 こんにちは 上野まり子です。
今日は今週末から公開の映画のご紹介。
”ヒューマン遠征隊”、栄光でも名誉でもなく、ただエベレストに眠る仲間と、その帰りを待つ家族のためだけに山岳史上最も過酷なエベレスト遠征に挑んだ感動のストーリー『ヒマラヤ 地上8.000メートルの絆』が7月30日公開される。

 ヒマラヤ完全登頂に成功したアジアを代表する伝説の登山家オム・ホンギル。世界トップ級の有名登山家が熱い友情のために命をかけた、記録にも残らず、補償さえないエベレストへの登攀。死線を超えた友情の熱きの感動の実話の映画化。

 韓国映画史上初の本格的山岳映画となった本作は、動員数800万人というメガヒットを記録。そこで描かれるのは仲間、友情、夢、そして生と死などの普遍的なテーマ。山岳映画の域を超えたヒューマンドラマの名作の誕生だ。

 実在のカリスマ登山家オム・ホンギルを演じたのは国民的名優ファン・ジョンミン。強く優しい理想のリーダー像を見事に表現した。そしてオム・ホンギル隊長が最も目にかけ、強い絆で結ばれた後輩隊員パク・ムテクには次世代の演技派俳優として人気のチョンウ。前半のユーモアあふれる好青年ぶり、そして後半には登山家として成長し、今度は自分が隊長としてエベレストに挑む緊張感をシリアスに盛り上げていく。
このふたり、実は「死生決断」(’06)で先輩・後輩の刑事役として共演。以来9年ぶりに今度は登山家の先輩と後輩としての共演となった。

 監督は韓国映画界の新たなヒットメーカーとして期待されるイ・ソクフン。本作を手がけるにあたり、ヒョーマン遠征隊が目指したのが登頂ではなく、”人”に向かったものだった事をあげている。また「遠征隊の胸が熱くなる挑戦を通じて、皆が現実の中で忘れていた成功よりも重要な価値、人と人との純粋な友情と義理人情を描きたかった」と話す。

 撮影は実際にヒマラヤに登って行われ、さらには絶景を求めフランス・モンブランへとロケを敢行。製作陣は専門家とともに徹底した安全対策をし、スタッフとキャストが一丸となって過酷なロケーションに立ち向かった。そうした努力が海抜8000メートルを直接体験しているような本物の臨場感と、荘厳で雄大な大自然のスペクタクル映像となり、観客を魅了する。

 人間が近づくことが許されない神の領域、そこに眠る大切な仲間の亡骸を探すためだけの記録には残らない過酷な遠征。その熱き77日間の真実が今、語られる!
『ヒマラヤ 地上8.000メートルの絆』7月30日公開。


himalayas-posterA.jpg
© 2015 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved.
7月30日(土)より
ヒューマントラストシネマ有楽町 シネマート新宿ほか全国順次ロードショー


【作品概要】
『ヒマラヤ 地上8.000メートルの絆』(原題:히말라야 )
2015年/韓国映画/124分
監督 イ・ソクフン                             
出演
ファン・ジョンミン『国際市場で逢いましょう』
チョンウ「応答せよ1994」
チョ・ソンハ『サスペクト 哀しき容疑者』
キム・イングォン『王になった男』
チョン・ユミ『トガニ 幼き瞳の告発』
配給:CJ Entertainment Japan
(c)2015 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved. 
公式HP

<あらすじ>
登山家オム・ホンギル(ファン・ジョンミン)は引退後、ヒマラヤ4座を共に登頂した最愛の後輩ムテク(チョンウ)が悪天候のため、下山中に遭難死したことを知る。そこは人間が存在できない“デスゾーン”エベレスト地上8,750メートルの地。誰もが遺体回収を諦める中、ホンギルは数々の偉業を成し遂げたかつての仲間たちを集め“ヒューマン遠征隊”を結成。エベレスト山頂付近の氷壁に眠る仲間のため、山岳史上最も危険で困難な登攀に挑む。“必ず迎えに行く”友との最後の約束を果たすために-




本サイトで掲載されている記事、写真の無断使用・無断複製を禁止いたします。
Copyright 2014 OFFICE MARIKO. All Rights Reserved.


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の1件 | -
メッセージを送る
上野まり子のアジアン・スターインタビュー