So-net無料ブログ作成

映画『トガ二 幼き瞳の告発』ファン監督来日でシンポジウム開催。レポート [映画 試写会REPORT]


スポンサードリンク



Mc-7474.jpg

こんにちは 上野まり子です。
コン・ユ主演映画『トガ二 幼き瞳の告発』の8月4日(土)公開を前にファン・ドンヒョク監督が来日、7月24日(火)東京のスペースFS汐留にて試写会と「表現の力が民衆を動かした」と題したシンポジウムが開かれた。進行は放送作家で自らもTV出演をしている鈴木おさむ氏、ファン・ドンヒョク監督および日韓両国で活躍する弁護士のパク・インドン氏が登壇した。
試写を観て衝撃を受け、怒りの涙がこみ上げてきたという鈴木氏はファン監督に映画製作の目的やドキュメンタリーとしてではなく、あくまでもエンターテインメントとして製作したことに迫った。
一度は断ったという監督、関係者が5,6年法改正などを求め活動して来たが進展が見られず、映画が事件を世間に知らしめる最後のチャンスだと思い受諾した。
またこの映画がきっかけとなり法改正となった通称「トガ二法」、正式名称「性暴力犯罪の処罰等に関する特例法の2011年10月28日改正法律」について専門家であるパク弁護士より説明があり、刑罰が重く改正された事、特に障害者に対しその施設の関係者の罪については刑罰が更に加重、様々な刑罰改正が行われた。映画公開まで法改正に至らなかったことについて韓国社会の認識の低さだと見解を述べた。
映画化に強い意志を示した主演コン・ユについてファン監督はハートも性格も良い俳優だと絶賛、鈴木氏も日本にはそんな俳優いないと、日本の現状を少々残念そうだ。
監督はこのような事件は韓国だけではなく、世界各国で起きている。日本も例外ではない。この映画をご覧いただくことで、そのような事件を見つけたときには自身が手を差し伸べるきっかけとなってほしいとメッセージした。

★★★

本文はこちら
上野まり子のアジアンスタービュー

http://uenomariko.jp

★★★




トガ二 幼き瞳の告発

main.jpg
[コピーライト] 2011 CJ E&M Corporation. All Rights Reserved

8月4日(土)
シネマライズ、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー

公式HP


【概要】
映画『トガニ 幼き瞳の告発』(原題:トガニ)
2011年 韓国 125分
原作:孔 枝泳(「トガニ 幼き瞳の告発」蓮池 薫/訳 新潮社刊)
監督:ファン・ドンヒョク 
出演:コン・ユ 「コーヒープリンス1号店」『あなたの初恋探します』 、チョン・ユミ
配給:CJ Entertainment Japan

【当サイト内関連ページ】
http://uenomariko.blog.so-net.ne.jp/2012-07-20
【上野まり子のアジアンスタービューサイト内関連ページ】
http://uenomariko.jp/asia/120720/
http://uenomariko.jp/asia/120727/

【関連書籍】

トガニ: 幼き瞳の告発


韓流 T.O.P 2012/07月号-特集!コン・ユ/ユン・サンヒョン/東方神起/INFINITE/2PM/チョン・イル


HOT CHILI PAPER Vol.58(DVD付)

★★★
番組出演・インタビュー・ライティングのご用命も承っております。
メールにてお問い合わせ下さい。
★★★


本サイトで掲載されている記事、写真の無断使用・無断複製を禁止いたします。
Copyright 2012 OFFICE MARIKO. All Rights Reserved.



スポンサードリンク


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
メッセージを送る
上野まり子のアジアン・スターインタビュー