So-net無料ブログ作成

韓国アイドルクループBEAT WIN記者会見&ライブイベント取材レポ [韓国歌手イベントレポート]


スポンサードリンク


of-kaiken.jpg
(左からジョンハ ヨンジョ ソンホ サンギュ ユヌ ソニョク)


 2月14日にミニアルバム『BEAT WIN~She’s My Girl~』をリリースしたBEAT WINが2月23日にタワーレコード渋谷店CUTUP STUDIOで記者会見&ライブイベントを開催した。昨年9月日本で20日間のライブ経験を積み、今年1月韓国でデビューした6人組アイドルBEAT WIN。その名前にはどんなステージも思いのままに掌握し、“勝ち抜こう”という意味が込められている。

★★★
詳しいレポートはこちら
上野まり子のアジアンスタービュー

http://uenomariko.jp

★★★

 緊張した面持ちで舞台に登場し、「こんにちは、BEAT WINです。よろしくお願いします。」と日本語で挨拶。其々も日本語で自己紹介した。
日本での武者修行の感想を訊かれたソニョクは日本の文化を中心に礼儀などを学ぶ良い経験になったと答えた。またデビューの感想について、ソンホはメンバー同士の信頼が出来ていたのでそれほど緊張しなかった。満足のいくデビューだった。と答えている。アピールポイントについては、スキニーなスタイルと小さい顔が魅力とソニョク。ユヌは笑顔と口元。サンギュは筋力、身体つき。ソンホは愛嬌、ヨンジョは四次元的な天然さに合わせて運動で鍛えた筋肉と、ジョンハは重低音の声と其々答えた。
当面と目標と将来については、BEAT WINだけの魅力や色を十分に発揮し、初心を忘れずにその地位を確立していきたい。先輩のように両国でコンサートツアーが出来るほどの活躍をしたいと抱負を語った。
メンバーを家族に例えるなら?には「メンバーの妻になりたい」の言葉が飛び出す一こまも。残念ながらそう熱い思いを伝えられたご本人は「男には興味がない」と軽くあしらわれ、開場が笑いに包まれた。また日本のファンとやってみたいことは?には親しみやすさをアピール。そのためにも日本語を猛勉強すると誓った。その後、ハートマークやお決まりポーズで決めてフォトタイムに応じた。
記者会見後13:30からは、同地で「BEAT WINタワーレコード渋谷店ライブイベント』を開催。『She’s My Girl』KR、『Rebirth』KR、『もう二度と離さない』JP、4『I,NO』KRの4曲を披露しハイタッチ会も行なわれた。終了後には店頭に立ち、名刺お渡し会も実施された。(取材協力:山本)

★★★
本文はこちら
上野まり子のアジアンスタービュー

http://uenomariko.jp

番組出演・インタビュー・ライティングのご用命も承っております。
メールにてお問い合わせ下さい。

★★★

【CD紹介】
『BEAT WIN~She’s My Girl~』
タワーレコード渋谷店限定販売

cdA.jpg cdB.jpg
A:【CD +DVD+Photo Book16P】
B:【CD +DVD+Photo Book16P】
タワーレコード渋谷店にて発売中!
各3,000円(税抜)+税
(CD収録内容およびDVD収録内容はA・B共通)

 

チケットぴあ WILLER TRAVEL

本サイトで掲載されている記事、写真の無断使用・無断複製はご遠慮下さい。
Copyright 2014 OFFICE MARIKO. All Rights Reserved.



スポンサードリンク


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
メッセージを送る
上野まり子のアジアン・スターインタビュー