So-net無料ブログ作成

ソン・スンホン主演映画『情愛中毒』本日11月22日(土)公開 [映画紹介]


スポンサードリンク


『情愛中毒』
main350.jpg
(C)2014 NEXT ENTERTAINMENT WORLD Inc. & IRON PACKAGE. All Rights Reserved.
11月22日(土)公開 シネマート新宿他ロードショー
HP

こんにちは 上野まり子です。
本日11月22日(土)、ソン・スンホン主演映画『情愛中毒』が公開となった。韓国ではレイティング19歳禁にも拘わらず大ヒット、ソン・スンホンがデビュー18年にして初めてそのイメージを覆して挑んだ大胆な露出シーンに、濃密なベッドシーンで公開前より話題となった。

舞台は韓国映画としては初めて描かれたベトナム戦争が終盤にさしかかった1969年の韓国最富裕層の軍官舎。上官の娘と結婚し、軍人としてエリート街道を歩んでいた教育隊長キム・ジンピョン(ソン・スンホン)。ある日ジンピョを慕う部下キョン・ウジン(オン・ジュワン)とその妻チョン・ガフン(イム・ジヨン)が官舎に引っ越してくる。謎めいた雰囲気を持つガフンを一目見た時からジンピョンは激しく惹かれていく。ガフンもその一途な想いに心を動かされていく。激しい恋心に理性を抑えきれず、二人は一線を越え、危険で破滅的なスキャンダルへと―。

歴史調査を踏まえ、美術チームは韓国の浦項、全州、光州、さらには日本、ヨーロッパにまで本物の小道具を探し求め、1960年代当時の世界観を表現。また古典的だが時代を象徴するモダンな女性のドレスにはレトロと現代っぽさが融合され、監督はじめスタッフは完璧な再現に努力を重ねた。

監督は『スキャンダル』、『恋の罠』、『春香秘伝 The Servant』が韓国国内R指定恋愛映画ベスト5入りし、映画の質の高さと興行性を兼ね備えたと評価されているキム・デウ。「結局のところ、愛はその人がいなければ一秒でさえ耐えられない、息さえできないというとてもシンプルなものだと思った」とコメントしている監督。その想いは映画全編にわたって使われたアコースティックな楽器とクラシック音楽にも表れている。特に主人公たちの偽りのない愛を表現するために重要なセックスシーンには、監督が悲しみ、美しさ、憂うつさ、喜び、ロマンス、絶望といった様々な感情が混在する愛を内包するというバッハの音楽が使われた。

「ソン・スンホンは撮影前からこの役に対し意欲にあふれていた」と明かす監督。撮影を終え、キム・ジンピョ役はソン・スンホンしかいなかったと話す。また本作への出演をきっかけに韓国のダン・ウェイと注目されたガフン役イム・ジヨンについて、「純粋無垢な顔の後ろに隠れた魅惑的な美しさを感じた」と話している。さらにガフンの夫キョン・ウジンを演じたオン・ジュワンは日本でも若手人気スターの仲間入りをしているが、監督は「初めて会った時、まさにキョン・ウジンが目の前に現れたと驚いた。キャスティング・セッションの際の強烈な視線が忘れられない」とコメントしている。
エリート軍人が初めて愛したのは部下の妻だった。許されない“純愛”、誰にも言えない密やかで危険な情事の行くへは―。

 

poster1.jpg
(c) 2014 NEXT ENTERTAINMENT WORLD Inc. & IRON PACKAGE. All Rights Reserved.
11月22日(土)日本公開
シネマート新宿他にてロードショー 

【概要】
映画『情愛中毒』(原題『人間中毒』)
2014年/韓国/カラー/132分/
原題:『人間中毒』/英題『OBSESSED』
監督:キム・デウ 
出演:ソン・スンホン、イム・ジヨン、チョ・ヨジョン、オン・ジュワン
配給:クロックワークス

<上野まり子運営サイト>
上野まり子のアジアンスタービュー
 M上野まり子の視点
 美しい日本の暮らし


本サイトで掲載されている記事、写真の無断使用・無断複製を禁止いたします。
Copyright 2014 OFFICE MARIKO. All Rights Reserved.


スポンサードリンク


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
メッセージを送る
上野まり子のアジアン・スターインタビュー