So-net無料ブログ作成
検索選択

クォン・サンウ最新作邦題『探偵なふたり』でいよいよ日本上陸! [映画紹介]


スポンサードリンク



警察がダメなら、いよいよ俺たちの出番だな!
『探偵なふたり』 main1.jpg
© CJ Entertainment
2016年2月より
シネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国順次公開


 こんにちは 上野まり子です。
『痛み』「野王」など痛々しいほど切ないラブストーリーを演じてきたクォン・サンウが、『恋する神父』『青春漫画~僕らの恋愛シナリオ~』以来のコミカルな魅力全開でスクリーンに還ってきた、

 この度、CJ Entertainment Japanは『探偵:ザ・ビギニング(原題)』の邦題を『探偵なふたり』とし、2016年2月よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国順次公開することを決定した。

 端正な顔立ちに素晴らしい肉体を持つクォン・サンウが、『探偵なふたり』では嫁に怒られ、警察からは疎まれる”推理オタク”といった今までのイメージを覆すキャラクターに挑戦。
子供のおむつを替えながら、警察も解決できない危険な事件に立ち向かうイクメン姿は、誰もが愛さずにはいられない。

 共演には『怪しい彼女』や「大丈夫だ、愛」などで幅広い演技で観客を魅了するソン・ドンイルが人生初の銀髪に変身し、サンウとの絶妙な掛け合いが、映画史に残る新たな”コンビ”を誕生させた。

 監督は『くだらないロマンス』(イ・ソンギュン主演)をスマッシュヒットさせ、韓国映画界にその名を轟かせたキム・ジョンフンがつとめ、重い事件に関わらずテンポの良い掛け合いでコミカルな物語に作り上げた。そして、二転三転する先の読めない展開に誰もが驚愕するだろう。いままでにはなかった全く新しい推理ミステリーそれが『探偵なふたり』である。

 ひとまず、メイン画像が解禁となったのでご紹介した。追って場面写真等の準備が整ったら再度ご紹介する。

スポンサードリンク


【映画概要】
『探偵なふたり』原題:탐정: 더 비기닝/
2015年/韓国/120分
監督:キム・ジョンフン『くだらないロマンス』
出演:クォン・サンウ『痛み』「野王」 ソン・ドンイル『怪しい彼女』
字幕監修:本田恵子
提供:CJ Entertainment      
配給:CJ Entertainment Japan

【story】
国内最大級の未解決殺人事件サイトを運営し、プロファイリング同好会の会長を務め、”シャーロック・ホームズ”級の推理力と洞察力を持つカン・デマン(クォン・サンウ)。しかし、凄腕探偵と思いきや、実は恐妻家の”まんが喫茶”のしがない店長。仕事をサボって警察署に顔を出し捜査に干渉するのが趣味で、かつては“広域捜査隊の人喰いザメ”と恐れられ、現在では一介の刑事として左遷されたノ・テス(ソン・ドンイル)とは犬猿の仲だ。そんなある日、デマンの友人である刑事が殺人容疑で逮捕される。デマンとテスはこの事件に隠された陰謀を察知する。警察は事件解決と判断する中、真犯人を見つけるため仕方なくふたりは手を組み、ぶつかりながらも捜査を進めるふたり。しかし、彼らの前に新たな殺人事件が起こってしまう-




本サイトで掲載されている記事、写真の無断使用・無断複製を禁止いたします。
Copyright 2014 OFFICE MARIKO. All Rights Reserved.


スポンサードリンク


nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 13

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る
上野まり子のアジアン・スターインタビュー