So-net無料ブログ作成
検索選択

第29回東京国際映画祭 2016年10月25日〜11月3日に決定 [映画祭紹介]


スポンサードリンク


 こんにちは 上野まり子です。
第29回東京国際映画祭が2016年10月25日(火)~11月3日(木)の10日間、六本木ヒルズをメイン会場に開催される事が決定した。

 本年度の第28回東京国際映画祭では、開催会場を六本木ヒルズのほか、新宿3会場へと拡大、また開催期間を1日延長し10日間にしたことで総入場者数が前年の222,893人を超え、238,185人(前年比106%)となった。

 映画祭事務局は「東京国際映画祭は今後も、世界の素晴らしい映画・映画人にスポットを当て世界に広く紹介する使命のもと、映画を愛する人々が集い、映画を通して文化交流を図る場として更なる発展に取り組んで参ります。」と発表した。

<第29回東京国際映画祭 開催概要>
開催期間: 2016年10月25日(火)~11月3日(木)
会場:六本木ヒルズ(港区)ほか
主催:公益財団法人ユニジャパン
公式サイト:www.tiff-jp.net
☆作品エントリーは、2016年4月下旬に公式サイトに掲載予定☆
第28回東京国際映画祭公式サイト

スポンサードリンク


なお、本年度第28回東京国際映画祭出品作品の一部を、VOD配信サービスのFestival Scopeにて視聴できる。

視聴可能作品
<コンペティション部門>
『さようなら』
『モンスター・ウィズ・サウザン・ヘッズ』
『フル・コンタクト』
『ニーゼ』 (※東京グランプリ、最優秀女優賞)

<アジアの未来部門>
『告別』 (※国際交流基金アジアセンター特別賞)
『The Kids』

<日本映画スプラッシュ部門>
『アレノ』
『下衆の愛』
『ケンとカズ』 (※作品賞)
『スプリング、ハズ、カム』
『友だちのパパが好き』
『七日』
『走れ、絶望に追いつかれない速さで』

<フェスティバルスコープとは>
フェスティバルスコープは、同社と提携している映画祭の出品作品を観賞できるオンラインサービスです。視聴には有料会員登録(年会費70ユーロ、月会費9ユーロ)、または出品者からのご招待が必要になります。詳しくはフェスティバルスコープにお問い合わせください。

フェスティバルスコープに関するお問い合わせ: feedback@festivalscope.com

【当サイト内関連ページ】
第28回東京国際映画祭開幕!レッドカーペット&オープニングセレモニー(受賞結果追記)





本サイトで掲載されている記事、写真の無断使用・無断複製を禁止いたします。
Copyright 2014 OFFICE MARIKO. All Rights Reserved.


スポンサードリンク


nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 11

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る
上野まり子のアジアン・スターインタビュー