So-net無料ブログ作成
検索選択

ソ・ジソブ ノーギャラで特別出演『王の運命』公開記念衣装展開催 [映画紹介]


スポンサードリンク




sojisub-oubosadame-black.jpg
[コピーライト] 2015 SHOWBOX AND TIGER PICTURES ALL RIGHTS RESERVED
6月4日よりシネマート新宿ほか全国順次公開
公式HP


 こんにちは 上野まり子です。
ソ・ジソブが映画『王の運命ー歴史を変えた八日間ー』で『会社員』以来3年振りのスクリーン復帰を果たした。

 近年はドラマを中心に活躍しながら、2011〜2013年までフランチャイズのカフェを経営、自身が直接開発したメニューが全店舗で人気を集めて経営事業に力を入れていたことが伝えられたジソブ。本作で映画『会社員』以来3年振りのスクリーン復帰を果たした。しかもノーギャラでの特別出演。

sojisub-ounosadame-white.jpg
[コピーライト] 2015 SHOWBOX AND TIGER PICTURES ALL RIGHTS RESERVED

 ソ・ジソブが演じるのは、ユ・アイン演じる思悼世子の息子・正祖役で、出演シーンはそれほど多くないが重要なシーンを担っている。かつて、出世作『映画は映画だ』でも興行結果に見合った歩合制でギャラを受け取る条件で、出演を決めたことがあるソ・ジソブ。本作は世界に名の知れた韓国実力派のベテラン俳優ソン・ガンホという大俳優の映画。自分が最後を飾るのは負担だったからという理由でノーギャラ出演を取り付けたうえで、出演を決めたという。

 ソ・ジソブは本作への出演に関して「出演シーンの多い少ないにかかわらず、役が重要だと思った。シナリオが良かったので出演を決めた。自分がはたして、うまく演じられるのかと悩んだが、現場に入ってみると、本当に楽しい撮影だった。チャンスがあれば、次の作品でイ・ジュニク監督とまた仕事をしたい」と語っている。

 また、公開を記念してソン・ガンホ、ユ・アイン、ソ・ジソブが劇中で着用している豪華絢爛な衣装が崩壊初日の6月4日より、シネマート新宿とシネマート心斎橋で展示される。残酷な運命に引き裂かれた王と王子。その複雑な人間描写が胸を打ち、緊張感に心が震える。現代にも通じる普遍的なテーマと李朝最大の謎と呼ばれる史実を大胆に解釈した宮廷歴史大作『王の運命ー歴史を変えた八日間ー』朝鮮王朝時代の王族しか着ることが許されない威厳を感じさせる煌びやかな韓服に歴史の重みを感じ見とれてしまうこと間違いなし!


ounosadame-ishou-main.jpg
[コピーライト] 2015 SHOWBOX AND TIGER PICTURES ALL RIGHTS RESERVED
6月4日よりシネマート新宿ほか全国順次公開
公式HP

『王の運命ー歴史を変えた八日間ー』公開記念衣装展
【展示日程】
★6/4(土)?8(水)1週目           
新宿:ソン・ガンホ、ユ・アイン     
心斎橋:ソ・ジソブ           

★6/11(土)?22(水)2週・3週目
新宿:ソ・ジソブ
心斎橋:ソン・ガンホ、ユ・アイン

★6/25(土)?7/1(金)4週目
新宿:ソン・ガンホ、ユ・アイン
心斎橋:ソ・ジソブ


ounosadame-poster.jpg
[コピーライト] 2015 SHOWBOX AND TIGER PICTURES ALL RIGHTS RESERVED
6月4日よりシネマート新宿ほか全国順次公開
公式HP


【作品概要】
『王の運命ー歴史を変えた八日間ー』
2015年/韓国/125分/
[コピーライト] 2015 SHOWBOX AND TIGER PICTURES ALL RIGHTS RESERVED
監督:イ・ジュニク(『王の男』『ソウォン/願い』)
撮影:キム・テギョン 美術:カン・スンヨン(『王の男』)
音楽:パン・ジュンソク(『ソウォン/願い、』)
出演
ソン・ガンホ(『殺人の記憶』)
ユ・アイン(『ベテラン』)
ムン・グニョン(『ダンサーの純情』)
キム・ヘスク(『10人の泥棒たち』)
チョン・ヘジン(『テロ、ライブ』) 
ソ・ジソブ(『会社員』)
配給:ハーク
公式HP:http://ounosadame.com/
[コピーライト] 2015 showbox/mediaplex and m.o.vera pictures ALL RIGHTS RESERVED.

【STORY】朝鮮第21代国王の英祖(ソン・ガンホ)は40才を過ぎてから生まれた息子・思悼(ユ・アイン)を、自分と同じく学問と礼法に秀でた世子(=王位継承者)に育てあげようとする。だが父の望みとは裏腹に、思悼は芸術と武芸を好む自由奔放な青年へと成長。英祖が抱いていた息子への期待は怒りをと失望へと転じ、思悼もまた、親子として接することのない王に憎悪にも似た思いを募らせていく。心のすれ違いを埋められぬまま二人の関係は悪化の一途をたどり、ついには謀反にかこつけて、我が子を米びつに閉じ込めようとする英祖。もはや誰にも止められぬ哀切と愛憎の8日間の行方は──。

【当サイト内関連ページ】
ソン・ガンホ×ユ・アイン『王の運命—歴史を変えた八日間—』6月4日公開
ユ・アインインタビュー『王の運命―歴史を変えた八日間―』公開記念




本サイトで掲載されている記事、写真の無断使用・無断複製を禁止いたします。
Copyright 2014 OFFICE MARIKO. All Rights Reserved.



スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
メッセージを送る
上野まり子のアジアン・スターインタビュー