So-net無料ブログ作成
検索選択

チョ・インソン4月26日(日)待望のファンミーティング開催決定 [イベント情報]

zo-main.jpg

 こんにちは 上野まり子です。
韓国の国民的俳優チョ・インソンが約1年ぶりとなる日本ファンミーティングを開催することが決定した。
チョ・インソンは『学校 3』で俳優デビュー後、ドラマ『ピアノ』『星を射る』など様々なドラマに出演。長身と洗練されたルックスで注目を集め、『バリでの出来事』での高い演技力で名実ともにスターの仲間入りを果たした。その後、映画『卑劣な街』では運に見放されたチンピラを演じ、「第5回大韓民国映画大賞主演男優賞」を受賞、その地位を不動のものとする。 

 昨年の主演ドラマ『大丈夫、愛だ』では超売れっ子の推理小説家役で、難しい役どころを見事に演じきり、 「SIA」、「APAN スターアワード」で大賞を獲得。また今年の2月にはアメリカで行われた「The 3RD Drama Fever Awards(第3回ドラマフィーバー・アワード)」(アメリカ最大の韓流コンテンツ ストリーミング サイトである 「Drama Fever」主管の授賞式)で「最優秀演技賞」、「ベストキスシーン賞」そして「視聴者最高人気賞」の3 部門の賞を受賞するなど、韓国のみならず世界でもその人気を証明し、国民的俳優としての輝きを見せた。

 そんな彼の約1年ぶりとなる今回のファンミーティングでは、主演したドラマを中心に俳優としてのチョ・インソンをたっぷり紹介し、彼の魅力を余すことなく伝える企画を準備している。さらにイベント参加者全員にオリジナルグッズプレゼントなど、チョ・インソンファンには見逃せないイベントとなること間違いなしだ。お楽しみに!


【イベント概要】
『ZO INSUNG 2015 JAPAN FAN MEETING -forhappiness-』

日時:4月26日(日) 開場 16:00 開演 17:00
 
会場:東京なかの ZERO 大ホール
料金:全席指定 10,800 円(税込)
 
イベント主催・企画:株式会社フラウ・インターナショナル
協力:チョ・インソンジャパンオフィシャルファンクラブ/IOK COMPANY 
問い合わせ:KOARIコアリ フリーダイヤル 0120-949-668 

詳細
チョ・インソンジャパンオフィシャルファンクラブ会員
先行受付:2月10日から開始

チョ・インソンジャパンオフィシャルファンクラブ
■チョ・インソンジャパンオフィシャルツイッター:https://twitter.com/ zisjapan (@zisjapan) 
チョ・インソン主演ドラマ「大丈夫、愛だ」 
M net 2 月 15 日(日) 放送スタート!

 




本サイトで掲載されている記事、写真の無断使用・無断複製を禁止いたします。
Copyright 2014 OFFICE MARIKO. All Rights Reserved.

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

華流スター タン・ユージャ「C-POP TV」公開収録で5月来日決定 [イベント情報]

tan1.jpg
唐禹哲經紀公司朝霆有限公司

 

 こんにちは 上野まり子です。
台湾で放送中の最新作品からアー ティストの来日イベント映像など800時間以上の豊富なコンテンツを提供している映像配信サービス「C-POP TV」。年会員向けの特典イベントとしてイケメン主演男優の公開収録が行われ、無料招待される。。過去4回はカオ・イーシャンが福岡で、ヨウションが横浜で 、ロイ・チウが大阪で、また東京ではリウ・イーハオがそれぞれ公開収録に出演してきた。その第5弾が5月9日(土)名古屋で開催される。

 出演は3年ぶりの公式来日となる華流界の貴公子タン・ユージャ。『花ざかりの君たちへ~花樣 少年少女~』『イタズラな KissII』『トキメキ!玉子 チャーハン』など多数のドラマに出演してきた。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

俳優チョ・インソン、イ・グァンスなど札幌で日韓文化交流“特別感謝牌受賞”予定 [イベント情報]

第66回さっぽろ雪まつり 日韓国交正常化50周年記念
 日韓友情まつり2015

日韓友情まつり2015

チケットぴあ


こんにちは 上野まり子です。
NPO法人日韓文化交流会と韓国文化産業交流財団、一社札幌観光協会が共同で主催する「第66回さっぽろ雪まつり 日韓国交正常化50周年記念『日韓友情まつり2015』」が来る2月6日~8日に開催される。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
メッセージを送る
上野まり子のアジアン・スターインタビュー