So-net無料ブログ作成
検索選択
アジアドラマチックTV★So-net放送予定 ブログトップ
前の3件 | -

この夏カン・ジファン三昧の毎日を 来日記者会見 [アジアドラマチックTV★So-net放送予定]

こんにちは 上野まり子です。

kishakaikennofisharu16893.jpeg

7月5日東京フォーラムAホールにファン5000人を迎え
『2009KANG JIHWAN Fan Meeting』が開催された。
イベントに先駆けて今秋に相次いで発売されるカン・ジファン氏出演5作品のDVDとアジアドラマチックTV★So-netでのSP番組の放送決定を受けて来日記者会見が行われた。
いつもの明るい笑顔で会見会場に現れたカン・ジファン氏は多くのマスコミのフラッシュを浴び、
持ち前のサービス精神を見せた。
“こんにちは 僕はカン・ジファンです。お会いできてうれしいです。ファンクラブ一周年になりました。だからファンの皆さんに会いに来ました。どうぞ宜しくお願いします。”と日本語で挨拶した。

kishakaikennofisharu16825.jpeg

ファンミーティングは撮影より緊張するという彼、ファンがロケ地を訪問してくれたり、ファンクラブ「カン★スター」サイトへの書き込みで力と勇気をもらっていると言う。
日本での人気の急上昇について一介の俳優に過ぎず、与えられた仕事を一生懸命しているだけだが、僕を大きな愛情で応援してくれるファンを思い、一層努力するようになったという。
9月2日にDVDが発売になるドラマ『快刀ホン・ギルドン』は朝鮮時代の実在の義賊、ホン・ギルドンを題材にしたホ・ジュン原作の古典小説でこれまで幾度となく映像化されてきた。2008年カン・ジファン氏を起用し、ヒュージョン時代劇としてイ・ジョンソブ監督がドラマ化した。カン・ジファン氏の作品に臨む一貫した姿勢なのだが、今回もやはり衣装、ヘアスタイルから常に持ち歩いていた赤い棒などの小道具まで彼自身がアイディアを出しキャラクターを作りあげていった。
本来は庶民の英雄として描かれている時代劇なのだが、今回はヒュージョン時代劇として現実的な感覚で楽しめるようにせりふのトーンも現代的な感じに変え、アドリブによってカン・ジファンのホン・ギルドンにしたと紹介した。
続いては9月16日DVD発売になる『映画は映画だ』について。
この映画はキム・ギドク監督の原案・製作による作品で日本でも高い興行成績となった。
デビュー以来ドラマを中心に活動してきたが、映画に出演する時には必ず新人賞を獲得できるものを狙っていたと明かした。そんな『映画は映画だ』は当初 海外の映画祭への出品、受賞を意図して制作された作品だったそうだ。しかしソ・ジソブ氏、カン・ジファン氏という二人の人気スターをキャスティングした事により商業映画となった。男と男の物語だった為に実はソ・ジソブ氏にライバル心があったと告白した。商業映画への初出演に加え、スター監督、そしてソ・ジソブというスターとの共演だった為プレッシャーも感じたが、一方そのことが念願の新人賞の獲得へ結びつき感謝している。新人賞4冠という意図したより大きな反響で満足しているが同時に負担も感じると語った。
同日発売になるのは「青空の下へ カン・ジファン1stプライベートDVD」、このDVDは2008年にオーストラリアのすばらしい自然を背景に写真撮影風景、幼年期や家族を語ったプライベートインタビュー、本人のセルフポートレートなどカン・ジファンが凝縮されたもので以前『上野まり子のアジアンスターインタビュー』の放送内でもご紹介した。そして今年はじめ1ヶ月程の東京暮らしに完全密着し、日常生活や東京の町を歩く姿、日本語のレッスンなど等を収めた「東京青年☆カン・ジファン」が発売になる。後の記者からの質問に、日本化したと思うところは東京タワーの近くに住んでいた為に東京タワーを見ると帰ってきた感覚になる事、また朝食にキムチとのりを食べたくなった時には韓国人を自覚したと答えている。滞在中は気軽な洋服で町に出歩き道を尋ねられたこともあると言う。

自身の魅力について訊かれた彼は“ハズカシー!”と一言、良い作品に恵まれた事、そしてファンとは家族や仲間のような気持ちで接している点を上げた。
そんな魅力たっぷりのカン・ジファン氏を特集したスペシャル番組がアジアドラマチックTV★So-netで2本放送される。

kishakaikennofisharu16884.jpeg
kishakaikennofisharu16876.jpeg

記者会見はこの後フォトセッションに移り、その後歌のリハーサルの模様が公開された。

さて、ヨン様でも、ビョン様でも、クォン様でもない僕のファンミーティングで5000人もの席が埋まるか心配だったというカン・ジファン氏だが東京フォーラムA ホールのチケットは即刻完売となった。そんな彼のファンミーティングはその5000人の歓声をステージに大の字に寝て実体験することから始まった。
この模様はアジアドラマチックTV★So-netのスペシャル番組「カン・ジファン来日ファンミーティング2009」とDVDにてご覧いただくことにしよう。

放送案内

アジアドラマチックTV★So-net
http://www.so-net.ne.jp/adtv/

■「カン・ジファン日本滞在記スペシャル~東京青年」

8月1日(土)AM 05:00~、PM 4:00ほか
■「カン・ジファン来日ファンミーティング2009」
8月15日(土)AM 05:00~、PM 04:00~ほか

また再放送として下記の番組を放送する予定だ。
「素顔のカン・ジファン スペシャル」
放送スケジュール9月15日(火)他
「カン・ジファン ! 2008来日ファンミーティング」 
放送スケジュール9月19日(土)他
「いま、会いにゆきます」
放送スケジュール9月19日(土)他

 

 

DVDご案内

●  「快刀ホン・ギルドン」

kaitouhonngirudonnboxmeinn.jpeg
kaitouhonngirudonnsabumainn.jpeg
kaitouhonngirudonnsabu1.jpeg

監督:イ・ジョンソブ
脚本:ホン・ミラン/ホン・ジョンウン
出演:カン・ジファン(ホン・ギルドン役)ソン・ユリ(ホ・イノク役)
    チャン・グンソク(イ・チャンフィ役)チョン・ギュス(ホ・ノイン役)
    チョン・ウンピョ(へミョン役)
製作:2008年 韓国ドラマ (全24話)
片面一層 
画面サイズ: 16:9LB
音声:オリジナル(韓国語)2chステレオ
字幕:日本語字幕
色:カラー

DVD BOXⅠ 2009 9月 2日 発売
DVD BOXⅡ 2009 9月16日 発売
価格  各¥18,900(税込)
レンタル開始   2009 8月 5日

発売元:ポニーキャニオン/衛星劇場
販売元:ポニーキャニオン
(C)Licensed by KBS JAPAN. (C)KBS All rights reserved



●   「映画は映画だ」

eigahaeigadabox.jpeg
eigahaeigadameinn.jpeg
eigahaeigadasab1.jpeg

監督:チャン・フン
脚本:キム・ギドク、チャン・フン、オク・チンゴ、オー・セヨン
出演:ソ・ジソブ、カン・ジファン、ホン・スヒョン、コ・チャンソク、
    ソン・ヨンテ、チャン・ヒジン
製作:2008年
収録時間:116分
画面サイズ:16:9ビスタサイズ
音声:オリジナル ドルビーデジタル5.1ch ステレオ
   吹き替え  ドルビーデジタル5.1ch ステレオ
字幕:日本語字幕/ 日本語吹替用字幕
色 :カラー
特典映像100分
 メイキング・オブ・「映画は映画だ」
 現実と映画の境界線  撮影秘話  ポスター撮影風景+製作報告会
 韓国オリジナル予告 スチールギャラリー 
日本オリジナル特典映像(ソ・ジソブ、カン・ジファン 来日インタビュー)
発売日:2009年9月16日
価格:¥4,935(税込)

発売元:ポニーキャニオン
販売元:ポニーキャニオン
 (C)2008 SPONGE and KIM KI-DUK FILM. All Rights Reserved



●  「青空の下へ カン・ジファン 1st プライベートDVD」(2枚組)

aozoranomotobox.jpeg
aozoranomotomainn.jpeg
aozoranomotosab1.jpeg

製作:2009年
収録時間:176分
画面サイズ: 16:9
音声:オリジナル 韓国語 ドルビーデジタル2chステレオ
字幕:日本語字幕
色 :カラー
封入特典:カン・ジファン生写真(4枚セット)

発売日:2009年9月16日
価格 :¥5,250(税込)
発売元:ソネットエンタテインメント
販売元:ポニーキャニオン
 (C)So-net Entertainment Corporation All Rights Reserved.



●    「東京青年☆カン・ジファン」

toukyouseinennbox.jpeg
toukyouseinennmainn.jpeg
toukyouseinennsabu1.jpeg

製作 :2009年 
収録時間:100分
画面: 16:9
音声:オリジナル 韓国語 ドルビーデジタル2chステレオ
字幕:日本語字幕
色 :カラー

発売日:2009年9月16日
価格:¥5,250(税込)

発売元:ソネットエンタテインメント
販売元:ポニーキャニオン
 (C)So-net Entertainment Corporation All Rights Reserved.

 

そして今回のDVDリリース最後を飾る5本目はカン・ジファン日本公式ファンクラブ設立1周年を記念して7月3日神戸、7月5日東京で開催されたファンミーティングを収めた「2009 カン・ジファン ファンミーティング」で10月21日に発売される。

●    「2009 カン・ジファン ファンミーティング
製作:2009年
収録時間:100分
画面サイズ: 16:9
音声:オリジナル 韓国語 ドルビーデジタル2ch  ステレオ
字幕:日本語字幕
色:カラー
特典:未定

発売日:2009年10月21日
価格:¥6300(税込)

発売元:ソネットエンタテインメント
販売元:ポニーキャニオン
 (C)So-net Entertainment Corporation All Rights Reserved.

5本リリースされるDVDの内、どれか一本と言われたら「東京青年☆カン・ジファン」をお勧めすると言うカン・ジファン氏だが“本当は皆様に配りたいくらいだ。”と異色のDVDをアピールした。

『映画は映画だ』に続く映画『7級公務員』も大ヒットとなった。経験や出会いを重ね、感性を磨き演技の幅を広げたいというカン・ジファン氏の次回作はまだ未定だが、今度はどのように成長した姿を見せてくれるのだろう。ますます大きな夢を抱き、今度はどんな賞を狙っていくのだろうか。名実ともに映画俳優になってゆくことを期待しよう。
ファンはこの夏からカン・ジファン三昧の毎日を送ることになりそうだ。

カン・ジファン日本公式ファンクラブ
http://www.so-net.ne.jp/kangjihwan/

 

本サイトで掲載されている記事、写真については無断使用・無断複製を禁止いたします
Copyright 2009 OFFICE MARIKO. All Rights Reserved.


nice!(15)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

第6回 放送内容と放送日時のお知らせ [アジアドラマチックTV★So-net放送予定]

こんにちは 上野まり子です。

「上野まり子のアジアンスターインタビュー」#6の放送予定のお知らせです。
第6回目は2月15日が初回放送です。

bloguenomariko090206kanjifann-S.jpeg

bloguenomariko090206sojisobu.jpeg
(写真提供:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)


今回の放送内容は3月にいよいよ公開となる『映画は映画だ』の主演のお二人、カン・ジファン氏には公開を前にした心境などを伺った単独インタビューで、ソ・ジソブ氏には昨年の12月26日に大阪 ユニバーサル・スタジオ・ジャパンで開催された『Winter Night with ソ・ジソブin Universal Studios Japan』の模様でご登場いただきます。また同じくユニバーサル・スタジオ・ジャパン内のニューヨークエリアで前日まで開催されていた『ソ・ジソブ 写真衣装展』から『映画は映画だ』の衣装を中心に上野のREPORTでお届けします。

bloguenomariko090206meirannfann.jpeg

bloguenomariko090206myson.jpeg


中国と韓国からは若手実力派俳優へのインタビューを監督インタビューとともにお届けします。
中国からは巨匠ジョン・ウー監督の最新作『花の生涯 梅蘭芳』から梅蘭芳の青年期を演じたユイ・シャオチュン氏への単独インタビューと監督インタビュー、記者会見の模様をご覧いただきます。韓国からは『My Son~あふれる想い』のチャン・ジン監督とリュ・ドックァン氏へのインタビューをお届けします。

bloguenomariko090206RAIN-T.jpeg

またハリウッドデビューも果し文字通りワールドスターとなったRAIN氏の1月に開催されたイベントの模様を直前に行われた記者会見とともにお送りします。
順番は見てのお楽しみです。

アジアドラマチックTV★So-net
http://www.so-net.ne.jp/adtv/

「上野まり子のアジアンスターインタビュー」#6
番組放送日時(訂正済)
2月15日  5:30  12:30  21:00
2月20日  5:30  12:30  21:00
2月22日  5:30  12:30  21:00
2月27日  5:30  12:30  21:00


「上野まり子のアジアンスターインタビュー」番組案内
http://www.so-net.ne.jp/adtv/content/se_SO0000000399.html

 

本サイトで掲載されている記事、写真については無断使用・無断複製を禁止いたします
Copyright 2009 OFFICE MARIKO. All Rights Reserved.


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

『プラハの恋人』一挙放送 キム・ジュヒョク ファンミ決定 [アジアドラマチックTV★So-net放送予定]

こんにちは 上野まり子です。

「プラハの恋人」一挙放送
次の恋はチェコ・プラハから始まる
“恋人シリーズ”のスタッフが手がける究極のラブストーリー

bloguenomariko090116.jpeg
                                                                       (c)2005 SBS Productions Inc.

 アジアドラマチックTV★So-net
【放送スケジュール】 2月1日(日)より一挙放送!
                        1日3話進行
                        毎週日・木曜日  8:30、13:30、19:00

【監督】シン・ウチョル(パリの恋人、恋人)
【脚本】キム・ウンスク(パリの恋人、恋人)
【出演】チョン・ドヨン(ユア・マイ・サンシャイン)、キム・ジュヒョク(愛なんていらない)、
        キム・ミンジュン(チェオクの剣、外科医ポン・ダルヒ) 

2007年より2008年に駆けてアジドラで放送した『恋人』の作家キム・ウンスクさん、シン・ウチョル監督の前作になる『プラハの恋人』の一挙放送が2月1日よりアジドラで始まる。
ドラマ『恋人』は私が公式ページを担当したので思い入れもある作品だ。その恋人シリーズは大ヒットとなったパク・シニャン、キム・ジョンウン主演の『パリの恋人』が第1作目で、次回作が今回一挙放送になる『プラハの恋人』だ。今やカンヌの華になったチョン・ドヨンとキム・ジュヒョクが主演した第2作目で最高視聴率31%を記録した作品だ。

チェコのプラハに赴任中の大統領の娘で外交官ジェヒ(チョン・ドヨン)はちょっと粗野だが実直な刑事サンヒョン(キム・ジュヒョク)に偶然に出会う。お互いに心に秘めた人がいるにも関わらず二人は思わぬうちに恋に落ちていく。ジェヒとサンヒョン、二人の身分を越えた愛の行方は・・・チェコの首都、プラハを背景に繰り広げられる、美しい愛の物語。
どんなラブストーリーかはご覧になってからのお楽しみだ。そして第3作目が『恋人』ということになる。

ところでこのキム・ジュヒョクという俳優はとても気になる存在だった。一言で言うと大人の魅力を持った人、もっと言えばとてもまじめでまっすぐな人物を演じることが多いし、ご本人もそのようなイメージなのだがなんともセクシーなのである。そういえばホスト役の映画もあったのだが、それでもなお清潔感があってしかもセクシー、なかなかいないキャラクターではないかと思う。

その彼がついに韓流スターの仲間入りだ。
来る3月11日に東京のメルパルクホールにてファーストファンミーティングが開催される。

bloguenomarikokimujehyoku.jpeg

『キム・ジュヒョク FANMEETING TOKYO 3.11 ~恋人 あなたに、今 逢いたくて~』

 開催日時 :2009年3月11日(水)
       14:00会場 15:00開演予定 18:00終了予定
       (時間は変更となる場合があります)

会場 :メルパルク東京

料金 :¥9800(税込)

募集人数 :1400人

主催 :株式会社 フラウ・インターナショナル
協力 :NAMOOACTORS CO.LTD、株式会社ウェルビー、
     韓国観光公社、観光再発見

詳しくは下記サイトへ
bloguenomarikofraulogo.jpeg
http://www.frau-inter.co.jp/sp/kim20090109/

 

キム・ミンジュン公式ファンクラブ
http://www.so-net.ne.jp/kimminjun/

 

本サイトで掲載されている記事、写真については無断使用・無断複製を禁止いたします
Copyright (C) 2009 OFFICE MARIKO. All Rights Reserved.


nice!(16)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の3件 | - アジアドラマチックTV★So-net放送予定 ブログトップ
メッセージを送る
上野まり子のアジアン・スターインタビュー