So-net無料ブログ作成
映画 試写会REPORT ブログトップ
前の3件 | 次の3件

映画『マイウェイ』オダギリジョー カン・ジェギュ監督登壇特別試写会&会見 [映画 試写会REPORT]


M-6883-TOP.jpg


こんにちは 上野まり子です。
image1.jpg第2次世界大戦末期の1944年、ノルマンディー上陸作戦後にアメリカに捕らえられたドイツ軍捕虜の中から東洋人が発見された。彼は日本、ソ連、ドイツの3国の軍服を着て戦い、遥かノルマンディーの地へとたどり着いた。アメリカ国立公文書館に保管されていた1枚の写真(右)、それにまつわる驚くべきエピソードが公にされると瞬く間に注目されることになった。果たして彼はたった一人で国境を渡ったのだろうか?もし、一人でなかったら、彼は何を信じて極限の中を生きようとしたのか?このように考えたのが映画『シュリ』、『ブラザーフッド』で全世界を感動させたカン・ジュギュ監督。独自のイマジネーションで時代に翻弄された二人の青年の感動と絆の物語『マイウェイ -12.000キロの真実-』を紡いだ。主演は日本を代表する俳優オダギリジョーと韓国を代表するチャン・ドンゴン。日本、ソ連、ドイツという3つの軍服を着て、数奇な運命をたどった二人の青年。オリンピックを目指した彼ら、しかし時代が彼らの夢や友情を許さなかった。愛、そして国を失っても、アジアからノルマンディーまで5年間、12.000キロを生き抜いた。彼らが生きる事を選んだのは何故なのかと問い掛ける。共演は中国人気女優ファン・ビンビン。アジアの三カ国を代表する俳優が結集した。総製作費25億円を投じ、アジアからヨーロッパに及んだ大陸横断ロケは8ヶ月240日と映画史上最大のスケールとなった。大迫力の戦闘シーンを、CGではなく実写する為、『ブラザーフッド』、『プライベイト・ライアン』、『レッドクリフ』のスタッフが集結。世界16カ国からスタッフ600人、そして延べ7000人のエキストラが投入された。総撮影カット数5700、当時を忠実に再現するため戦車が特注され、用意された弾丸も45,000発とこれまでとは全く違うスケールだ。
単なる戦争映画だったら出演しなかったというオダギリジョーは長谷川辰雄を演じ、これまで経験したことのない程の厳しい撮影に臨んだ。度々来日して出演の説得にあたったカン・ジェギュ監督はこの役は最初からオダギリジョーと決めていたそうだ。また、『ブラザーフッド』以来戦争映画には出演しないと決めていたチャン・ドンゴンも人間ドラマとして描かれた本作に出演を決め、いつでも夢を信じて揺らがないキム・ジュンシクを演じ、二人の息もぴったりだったと言う。言葉の問題を訊かれた彼は、演技は言葉ではなく、感情を交わすことだと答えている。
7年ぶりの監督作品となったカン・ジェギュ氏はこの映画は全てを失った人間が再び希望を取り戻す物語だ。二人の男の姿を通じて、希望と夢をもらえる映画になると思うとメッセージした。


さて完成を待たずにクライマックスのノルマンディー上陸のハイライトシーンを携えてカン・ジェギュ監督が来日、11月21日には新宿バルト9でマスコミ、関係者を招き、『マイウェイ12,000キロの真実』緊急フッテージ試写と記者会見が行なわれた。登壇は主演オダギリジョーとカン・ジェギュ監督。
映画予告編上映が終了すると早速お二人が登壇した。オダギリジョー氏は多くの関心に感謝する。マスコミの皆様ですね!と確認した上で考えて話すと笑いを誘い、カン・ジェギュ監督はお忙しい中お集まり頂き感謝するとまずは簡単に挨拶した。

M-K-6857.jpg

カン監督はこの物語の映像化について、SF映画の準備中だった2007年ワーナー・ブラザースよりオファーを受けた。シナリオとドキュメンタリーがあった中、ドキュメンタリーを観て衝撃と同時に感動を覚え、演出したいと思った。ドキュメンタリーが余りに現実離れしており、このような事が現実にあるのかと衝撃を受けた。そこには3カ国の軍服を着て戦い続けた波乱万丈の人生を送った男の歴史があった。それは現実よりドラマチックで、どのようにして生き延びて行ったのかと彼の生命力に強く惹かれ胸が熱くなったと言う。長谷川辰雄役にオダギリジョーをキャスティングした理由を問われ、“なんと言っても男前でしょ!”と監督。その言葉に照れた様子のオダギリジョー氏。監督は出演を説得するため度々来日しているが、最初に会ったとたん、その魅力に取り付かれたという。オダギリジョー氏は韓国でも作品を通して知られており、高い人気を持つ。以前から演技派俳優として一緒に仕事をしたいと思っていた。

M-O-6922.jpg

では、その様に待望されたオダギリジョー氏はどうしてオファーを受けることにしたのか。第2次世界大戦下の事実として興味を惹かれたが、自身の俳優としてのスタンスを考え、当初は出演を断った経緯がある。だがカン監督の暖かく情熱的な人柄に惹かれて、度重なる要請にこんな自分でも作品のためになるならと出演を決めた。多々失礼もあったと思うがとは当時を振り返ってのオダギリジョー氏の言葉だ。台本を手にしたオダギリジョー氏はどのように思ったのか。これは大変酷な作品だと言うのが第1印象だった。当時34歳だったオダギリジョー氏、今後このような作品に出演するチャンスはないだろうというのも出演を決めた理由の一つ。またこれだけ大きな規模の戦争映画は邦画では無理だろう。勉強させていただこうという気持ちだったという。

M-O-6731.jpg

戦闘シーンのリアルさにこだわった撮影はイギリスに戦車を3台特注する徹底振り。戦車が本物同様に動くだけではなく、爆破シーンの規模もそれまで体験したことがないほど格段の差だった。生きて帰れるだろうかという毎日だったそうで、こうして生きて帰れたのが奇跡のようだと、その過酷さを実感を込めて話した。但しクランクインの際には行きたくないという気持ちが大きかったという。本当に戦地へと送られる気分だったと振り返る。その意味では役づくりは必要がなかったと笑いを誘った。この映画は幼馴染である長谷川辰雄とキム・ジュシクの成長過程がメインストーリー。何があっても一途で、夢を諦めず揺らがないジュンシクに対し、辰雄は置かれた環境に翻弄され、時々に変化して行くキャラクターで対照的だった。辰雄の人物像は第2次世界大戦下の日本軍の将校の典型で日本を背負って戦っていたのだろうと語るオダギリジョー氏。

M-K=6844.jpg

さてその様に役に臨んだオダギリジョー氏を監督はどのように見ていたのか。確かに現場と日本を行き来していたオダギリジョー氏は現場に帰ってきたくなかったと言ったと明かした上、これまで多くの厳しい撮影経験があるチャン・ドンゴンと違い、過酷なシーンが続く撮影をすべて完了できるか正直心配もあったと告白。しかしオダギリジョー氏の演技は現場のアクション監督さえ驚嘆するほどだった。またその情熱にも驚かされたという。ところでオダギリジョー氏の撮影現場でのあだ名は<教祖>、モニター前には彼の演技を見ようとスタッフが群がり、監督自身何度も鳥肌が立つほどだったという。彼は長谷川を130%演じてくれたと当初の心配が払拭したことを示した。このように話す監督と見事に長谷川役を演じきったオダギリ氏に会場からは暖かい拍手が送られた。この拍手で監督のアウェイ感もなくなっただろうとオダギリ氏、きっと釜山国際映画祭の際にはオダギリ氏がアウェイ感を強く持ったのだろう。この場はファンではなくマスコミと関係者だけだった事を再度申し上げておく。
さて、この日試写のために監督が特別編集したノルマンディー上陸のシーン。これまで数多くの作品で取上げられて来た題材をいかに新しい物にするかに苦心したという監督は、本作ではドイツ軍側からの視点で描き、その中にいたアジア人の感情を表現する事に重点を置いた。爆破シーンやCGとの絡みを考慮し、細部のディテールにこだわった撮影準備は半日費やす事も多く、それを無駄にしないようにと緊張感を持って現場に立ったというオダギリジョー氏、それもなかなか出来る経験ではないだろうとした。
完成版ではないことを考慮して観て欲しいと監督、ここでノルマンディー上陸シーンが世界に先駆けて特別上映された。お二人もマスコミ陣と共に鑑賞。
その後行なわれた記者質問の模様はページを改める。



<全てを失ってもまだ、生きる道はある>
アジアからノルマンディーまで行きぬいた真実の物語。

rogoA-180.jpg
main480.jpg
2012年 1月14日(土)全国ロードショー
公式ページ http://myway-movie.com

【概要】

2011/韓国/シネスコサイズ/ドルビーデジタル
監督:カン・ジェギュ (『シュリ』『ブラザーフッド』)
脚本:カン・ジェギュ、キム・ビョンイン、ナ・ヒョン
撮影:イ・モゲ(『悪魔を見た』『グッド・バッド・ウィアード』『オアシス』)
出演:オダギリジョー、チャン・ドンゴン、ファン・ビンビン、キム・イングォン、夏八木勲、鶴見辰吾、山本太郎、佐野史郎、浜田学、イ・ヨニ、ト・ジハン
配給:CJ Entertainment Japan/東映
[コピーライト] 2011 2011 CJ E&M CORPORATION & SK PLANET, ALL RIGHTS RESERVED

<STORY>
 1928年日本占領下の朝鮮で出会った日本人と朝鮮人の少年。境遇の全く違う二人だが、マラソンでオリンピック出場を目指す良きライバルとして成長する。しかし時代は国籍の違う彼らの友情を許さなかった。かたくなに日本を信じた日本人とまっすぐに夢を信じた朝鮮人。運命のいたずらにより、彼らは日本・ソ連・ドイツ3つの軍服を着て戦うことになる。捕虜となり、戦いながらアジアからノルマンディーまで5年間、12,000キロの旅で彼らは何を見たのか?全てを失って、極限状態の中、まだ<生きる道>を選んだのは何故か?生きる道 <マイウェイ>を失わない希望と感動の物語。

 

本サイトで掲載されている記事、写真の無断使用・無断複製を禁止いたします。
Copyright 2011 OFFICE MARIKO. All Rights Reserved.


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

チャン・ドンゴン『グッドモーニング・プレジデント』本日公開  [映画 試写会REPORT]

こんにちは 上野まり子です。

M-1495.jpeg

今回も7月24日公開の映画をご紹介しよう。とは言ってもすでにこのサイトでは何度もご紹介をしている。そこで6月28日に行なわれたチャン・ジン監督ティーチイン付き試写会のレポートでお届けする。

昨年、チャン・ドンゴンが大統領役になり大きな話題だった『グッドモーニング・プレジデント』、
監督は前述のチャン・ジン氏。このページのTOPを飾った写真、この時だけはチャン・ドンゴンではなくチャン・ジンが大統領に扮してマスコミのカメラに収まった。「チャン・ジン式コメディー」と称されるシニカルで風刺の効いた独自のコメディーを生み出す才人だ。
私は映画『My Son~あふれる想い』の映画祭参加の際に来日した監督に主演俳優とともに番組でインタビューをさせていただいた。また今作品は昨年行なわれた「韓国映画ショーケース2009」上映の際に舞台挨拶、ティーチインと取材をさせていただいた。

M-1457.jpeg

さて会場はシネマート六本木、ご存知多くの韓国映画を上映する映画館だ。
上映後ティーチインに登場したチャン・ジン監督はマニアックなチャン・ジン監督ファンの大きな拍手で迎えられた。
チャン・ジン監督は“以前来た事がある場所だ、お会いできて光栄だ”と挨拶した。
2007年『拍手するときに去れ』の際にこの場所に来ているのだ。
あの時には結婚したばかりだった監督も今や二人の子持ちだ。家族の為に一生懸命映画を撮らなければと笑いを誘った。
シングルファザーの大統領を演じたのは先日結婚したばかりのチャン・ドンゴン。ところが彼、甥も抱いた事がなかったと言う。そして彼が劇中で抱いている子供は実はチャン・ジン監督のご子息であると明かされた。10月には父親になるチャン・ドンゴン氏はこの撮影で予習したことになる。
キャスティングはA級俳優を使用するのが監督の主義、その為その俳優を最大限に生かす様に<あてがき>をしていたそうだが、それも最近はしなくなったそうだ。今作は初めから想定した俳優のキャスティングが出来た。チャン・ドンゴンをコメディーに出演させる、これは誰も思いつかなかっただろうと監督、そこが面白いのだと強調した。
チャン・ドンゴン演じるチャ・ジウク大統領とあわせて3回の政権交代がある今作、80名を越える有名俳優を使わなければならず、いつもの<チャン・ジン組>ではない俳優も必要だったと言う。
舞台が日本だったら政権交代が多くて大変だっただろうと少々風刺の効いた答えだ。
タイムリーな話題に観客も<うん、うん>とうなずいた。
3代の韓国大統領のストーリーをオムニバス的な構成で制作された今作は、10年前の企画段階では2テーマの構成となっていたそうだが、シナリオアップの1ヶ月前にもう一つを加えて3テーマとなった。
韓国の大統領の任期は5年、3代の大統領に続けて仕え、ストーリーをつなぐキイとなった存在が料理長だ。各大統領は問題を抱えると料理長のところに行く。疑問を呈すると料理長が国民の声となって親身に答える。それはとりもなおさず、<料理長=国民の声>を表している。<大統領は国民の声を聞く事こそ大切だ>という監督のメッセージが込められている。
大統領を題材にするのはナーバスな事、10年前なら撮影も出来なかっただろう。それどころか手が後ろに回っていた可能性もあると言う。撮影で難しかったという記憶はないが、かと言って簡単だった訳でもない。殻を打ち破ることが楽しいとチャン・ジン監督ならではの答えだ。
監督の撮影はコメディーを扱うが、撮影前に徹底的にリハーサルをするそうだ。そのため現場では冷静に撮影が進行するという。それでもワルツを踊るシーンはその体型のせいで面白かったと振り返った。
また「チャン・ドンゴンのキスシーンは<キスする振り>に見えたが」の鋭い質問には遠くてあまり見えなかったが<チャン・ドンゴンに女がいるな!>と気づいたとエピソードを語った。

M-1466.jpeg

さてチャン・ジン監督ファンの多い会場、当然質問はプライベイトにも及ぶ、まるで人気俳優のファンミーティングのようだ。
Q:年間3本しか映画を観ないそうだが何故?
A:映画館は息苦しいから。
Q:日曜は撮影をしないそうだが何故?
A:大好きな野球をする為、日曜はよほどのことがないと仕事はしない。雨が続いて野球が出来ない為体調が不良だ。
スノッブな雰囲気もある監督、何故かスポーツをしている姿より、本でも広げている姿を思い浮かべていたのは私の思い過ごしだったようだ。それ程スポーツ好き、とりわけ野球好きが明らかになった。
Q:子供に跡を継がせたい?
A:本人に任せる。

チャン・ジン監督次回作はインディーズとしてたった一人で撮った『クイズ王』、この9月に韓国で公開となる。7月には日本にも行商に来るという。日本で買ってくれることを期待していると監督、“子供が二人もいるから”と笑いを誘った。
また来月(7月)からは映画『ロマンチック・へブン』の撮影に入る。ストーリーは死で別れる二人の物語。死別は誰もが経験すること、天国も神も出てくるファンタジー映画だ。<私の遺書>のような作品で完成した暁には妻に<この作品を観れば、私が死んでからも幸せなのがわかる。心配しないように>と言うつもりだとウィットに富んだ紹介だ。
この作品は3年前から構想をしていたものだが投資会社はシナリオ修正の要求が多いからと、こちらも一人で取り組むことになったようだ。<遺書のような作品、誰が遺書のここを直せと言えるのか、直すつもりはない>と断言、予算を3分の1に減らしてやっと撮影にこぎつけた。こちらも完成したら自身で行商に歩くと、その思い入れもたいしたものだ。大きな期待で公開を待とう。
会場ではその後マスコミによるフォトセッションが行なわれた。
チャン・ジン監督、さすがスター監督、フォトセッションも堂にいったものだ。

M-1477.jpeg
M-1482.jpeg
 
 
◆◆
 

外交も私生活も、波乱に満ちた3人の大統領顛末記
愛すべき大統領へ、国民もあなたの“幸せ”を祈っています。

グッドモーニング・プレジデント

main.jpeg
©2009 CJ ENTERTAINMENT INC., ALL RIGHTS RESERVED
 
7月24日(土)公開
シネマート新宿・シネマート心斎橋、他全国順次ロードショー

公式ページ
http://www.goodmorning-p.com/


【映画紹介】

『Good Morning President』
2009年韓国
129 分
監督:チャン・ジン (JANG Jin)
出演:チャン・ドンゴン、イ・スンジェ、コ・ドゥシム、イム・ハリョン、ハン・チェヨン
配給:エスピーオー

【ストーリー】
日々国民の幸せを考え、重要な国家の決断に頭を悩ませる大統領閣下、でも大統領の悩みはそれだけではありません。大統領だって人の子、もし思いがけず高額な宝くじに当たったら?初恋の相手が政敵になったら?突然離婚の危機に陥ったら?・・・秘書官にも言えない悩みが噴出!我々と同じ一人の人間として日常を懸命に生きている愛すべき大統領の姿を感動で綴った心温まるヒューマンドラマ。こんな大統領を待っていた!

任期満了を間近に控えた庶民派大統領キム・ギョンホは宝くじの高額当選し、賞金を全て寄付するとしていた公約を守るべきか悩む。史上最年少の独身大統領チャ・ジウクは淡い恋愛感情を抱いていた前大統領の娘イヨンが対立する党のスポークスウーマンになったことを知って動揺する。そして史上初の女性大統領ハン・ギョンジャは夫が原因でトラブルに巻き込まれ、政治家生命と夫婦関係のどちらを選ぶかの選択に迫られる。


【当サイト内関連ページ】
http://uenomariko.blog.so-net.ne.jp/2009-12-16
http://uenomariko.blog.so-net.ne.jp/2009-12-18
http://uenomariko.blog.so-net.ne.jp/2010-06-22

チャン・ドンゴン
http://uenomariko.blog.so-net.ne.jp/2009-05-11

「上野まり子のアジアンスターインタビュー」番組レポート
チャン・ジン監督 『My Son~あふれる想い』インタビュー
http://uenomariko.blog.so-net.ne.jp/2009-09-06
http://uenomariko.blog.so-net.ne.jp/2009-09-07

本サイトで掲載されている記事、写真については無断使用・無断複製を禁止いたします。
Copyright 2010 OFFICE MARIKO. All Rights Reserved.

nice!(12)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

劇場版 『ペ・ヨンジュン3D in 東京ドーム 2009』公開 [映画 試写会REPORT]

rogo.jpeg

main.jpeg
© Digital Adventure

劇場版 『ペ・ヨンジュン3D in 東京ドーム 2009』
<あの日の感動と興奮が 今、3D映像とな り、再び映画館で“家族”を包み込む。>

2010年5月22日(土)


TOHOシネマズ  六本木ヒルズ他 全国3D映画館にて超拡大ロードショー!
配給: ローソンエンターメディア

公式ページ   www.byj3d.com
 
 

 ◆◆

こんにちは 上野まり子です。

先日マスコミとしては最速となる試写会をREPORTでお届けした劇場版『ペ・ヨンジュン3D in 東京ドーム 2009』がいよいよ公開となった。
公開に先駆けて世界最速試写が5月13日(木)新宿ピカデリーで行われた。会場には300人の観客がペンライトを持ってイベントさながらの臨場感を体験した。

mitamotoA.jpeg
miyamotoB.jpeg

この日、『韓国の美を訪ねる旅』イベントの司会を務めた宮本隆治アナウンサーも登場、あの日の感動は一生忘れないと挨拶した。今では<イルボネ ヒョン(日本の兄)>と呼ばれている宮本氏はイベント当日のエピソードなども語った。思わぬところで挨拶をすることになった宮本氏は“今日は頑張りましょう、無理しない程度に!”と声をかけたそうだ。敗血症を患ったばかりのペ・ヨンジュン氏の体調をいたわってのものだ。<大理石の肌を持った男>、<あれほど沈黙が似合う男はいない>と大絶賛だ。
ペ・ヨンジュン氏の座右の銘は<今、この瞬間を全力で>だそうだ。4時間半となったイベントでペ・ヨンジュン氏がどれ程全力を尽くしているか映像でじっくりと観てほしいとメッセージした。

さて皆様はどの劇場でご覧になるのだろう。
昨年9月のあのイベントの感動を再び味わっていただけるだろう。
詳しくは
http://uenomariko.blog.so-net.ne.jp/2010-04-23

【概要】
劇場版 『ペ・ヨンジュン3D in 東京ドーム 2009』

2009年 日本 103分
デジタルハイビジョン3D 5.1ch  16:9 カラー

出 演 :ぺ・ヨンジュン他
監督 :翁長 裕
製作・配給:ローソンエンターメディア
映像企画・製作:ソニーPCL、ヴィーゴ
製 作協力:デジタルアドベンチャー
配給協力:メイジャー
宣伝 :メイジャー、角川メディアハウス

 ◆◆

【搭載サイト 内 関連記事】

『ペ・ヨンジュン3D in 東京ドーム 2009』
http://uenomariko.blog.so-net.ne.jp/2010-04-23

『アニメ 冬のソナタ ~もう一つの物語~』イベントレポート
http://uenomariko.blog.so-net.ne.jp/2009-10-03  Part-1
http://uenomariko.blog.so-net.ne.jp/2009-10-04  Part-2

『韓 国の美をたどる旅』出版記念イベントレポート
http://uenomariko.blog.so-net.ne.jp/2009-10-09  Part-1
http://uenomariko.blog.so-net.ne.jp/2009-10-10  Part-2
http://uenomariko.blog.so-net.ne.jp/2009-10-11  Part-3
http://uenomariko.blog.so-net.ne.jp/2009-10-12  Part-4

『アニメ 冬のソナタ』完成披露会見
http://uenomariko.blog.so-net.ne.jp/2009-09-30

『DATV  放送案内及び開局イベント』関連記事
http://uenomariko.blog.so-net.ne.jp/2009-10-01
http://uenomariko.blog.so-net.ne.jp/2009-10-02

 

本サイトで掲載されている記事、写真については無断使用・無断複製を禁止いたします
Copyright 2010 OFFICE MARIKO. All Rights Reserved.

nice!(11)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の3件 | 次の3件 映画 試写会REPORT ブログトップ
メッセージを送る
上野まり子のアジアン・スターインタビュー