So-net無料ブログ作成
検索選択
映画紹介 ブログトップ
前の3件 | -

『ヒマラヤ 地上8.000メートルの絆』7月30日公開 [映画紹介]

待ってろよ、必ず迎えにいくー
『ヒマラヤ 地上8.000メートルの絆』
himalayas-main.jpg
© 2015 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved.
7月30日(土)より
ヒューマントラストシネマ有楽町 シネマート新宿ほか全国順次ロードショー


 こんにちは 上野まり子です。
今日は今週末から公開の映画のご紹介。
”ヒューマン遠征隊”、栄光でも名誉でもなく、ただエベレストに眠る仲間と、その帰りを待つ家族のためだけに山岳史上最も過酷なエベレスト遠征に挑んだ感動のストーリー『ヒマラヤ 地上8.000メートルの絆』が7月30日公開される。

 ヒマラヤ完全登頂に成功したアジアを代表する伝説の登山家オム・ホンギル。世界トップ級の有名登山家が熱い友情のために命をかけた、記録にも残らず、補償さえないエベレストへの登攀。死線を超えた友情の熱きの感動の実話の映画化。

 韓国映画史上初の本格的山岳映画となった本作は、動員数800万人というメガヒットを記録。そこで描かれるのは仲間、友情、夢、そして生と死などの普遍的なテーマ。山岳映画の域を超えたヒューマンドラマの名作の誕生だ。

 実在のカリスマ登山家オム・ホンギルを演じたのは国民的名優ファン・ジョンミン。強く優しい理想のリーダー像を見事に表現した。そしてオム・ホンギル隊長が最も目にかけ、強い絆で結ばれた後輩隊員パク・ムテクには次世代の演技派俳優として人気のチョンウ。前半のユーモアあふれる好青年ぶり、そして後半には登山家として成長し、今度は自分が隊長としてエベレストに挑む緊張感をシリアスに盛り上げていく。
このふたり、実は「死生決断」(’06)で先輩・後輩の刑事役として共演。以来9年ぶりに今度は登山家の先輩と後輩としての共演となった。

 監督は韓国映画界の新たなヒットメーカーとして期待されるイ・ソクフン。本作を手がけるにあたり、ヒョーマン遠征隊が目指したのが登頂ではなく、”人”に向かったものだった事をあげている。また「遠征隊の胸が熱くなる挑戦を通じて、皆が現実の中で忘れていた成功よりも重要な価値、人と人との純粋な友情と義理人情を描きたかった」と話す。

 撮影は実際にヒマラヤに登って行われ、さらには絶景を求めフランス・モンブランへとロケを敢行。製作陣は専門家とともに徹底した安全対策をし、スタッフとキャストが一丸となって過酷なロケーションに立ち向かった。そうした努力が海抜8000メートルを直接体験しているような本物の臨場感と、荘厳で雄大な大自然のスペクタクル映像となり、観客を魅了する。

 人間が近づくことが許されない神の領域、そこに眠る大切な仲間の亡骸を探すためだけの記録には残らない過酷な遠征。その熱き77日間の真実が今、語られる!
『ヒマラヤ 地上8.000メートルの絆』7月30日公開。


himalayas-posterA.jpg
© 2015 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved.
7月30日(土)より
ヒューマントラストシネマ有楽町 シネマート新宿ほか全国順次ロードショー


【作品概要】
『ヒマラヤ 地上8.000メートルの絆』(原題:히말라야 )
2015年/韓国映画/124分
監督 イ・ソクフン                             
出演
ファン・ジョンミン『国際市場で逢いましょう』
チョンウ「応答せよ1994」
チョ・ソンハ『サスペクト 哀しき容疑者』
キム・イングォン『王になった男』
チョン・ユミ『トガニ 幼き瞳の告発』
配給:CJ Entertainment Japan
(c)2015 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved. 
公式HP

<あらすじ>
登山家オム・ホンギル(ファン・ジョンミン)は引退後、ヒマラヤ4座を共に登頂した最愛の後輩ムテク(チョンウ)が悪天候のため、下山中に遭難死したことを知る。そこは人間が存在できない“デスゾーン”エベレスト地上8,750メートルの地。誰もが遺体回収を諦める中、ホンギルは数々の偉業を成し遂げたかつての仲間たちを集め“ヒューマン遠征隊”を結成。エベレスト山頂付近の氷壁に眠る仲間のため、山岳史上最も危険で困難な登攀に挑む。“必ず迎えに行く”友との最後の約束を果たすために-




本サイトで掲載されている記事、写真の無断使用・無断複製を禁止いたします。
Copyright 2014 OFFICE MARIKO. All Rights Reserved.


ユ・アインインタビュー『王の運命―歴史を変えた八日間―』公開記念 [映画紹介]

映画『王の運命―歴史を変えた八日間―』

ounosadame-sub10.jpg
[コピーライト] 2015 SHOWBOX AND TIGER PICTURES ALL RIGHTS RESERVED


 こんにちは 上野まり子です。
今回は朝鮮第21代国王の英祖(ソン・ガンホ)の息子を演じたユ・アインのインタビューをお届けする。

 李朝最大の謎とも言われ、18世紀の朝鮮王朝において王権争いが激化した時代を舞台に、王が王位継承者である実の息子を米びつの中に入れて餓死させたという衝撃の史実を描く、『王の運命 ―歴史を変えた八日間―』が6月4日(土)よりシネマート新宿ほかにて公開されている。

 舞台は朝鮮王朝における王権争いが激化した時代、朝鮮第21代目の王・英祖(ヨンジョ)と、実の息子・思悼(サド)、そして思悼の子として朝鮮後期最高の聖君となる第22代イ・サンの誕生までの56年間にわたる歴史に存在した人々の心情を丁寧にひもとき、韓流時代劇ファンには広く知られている1762年の「米びつ事件(壬午士禍)」を中心とした史実を忠実に映画化した作品。
 

yooain-ounosadame.jpg
© 2015 showbox/mediaplex and m.o.vera pictures ALL RIGHTS RESERVED.

<ユ・アイン インタビュー>
Q. 出演を決めた理由は?
A. これまでの僕の演技人生で最も心惹かれた作品です。こんなチャンスを逃してはならないし、“感情を表現する俳優”としてこの役を必ず手にしたかった。シナリオを読んでいるあいだ中、ものすごい感情にノックダウンされるほどでした。

Q. イ・ジュニク監督との現場は?
A. 大変エネルギーに溢れていて、俳優の視点で作品を眺める思いやりがあります。その反面、刃のように鋭い洞察力を持った方です。普段は自由な魂を持つ方ですが、撮影に入れは冷徹な視線で俳優の演技を正確に指摘してくれます。互いの厚い信頼感に基づき、撮影に集中することができ ました。

yooain-sub-inter.jpg
[コピーライト] 2015 SHOWBOX AND TIGER PICTURES ALL RIGHTS RESERVED

Q. 思悼世子をどのように演じたか?
A. 思悼世子の感情や、彼が置かれている状況に深く身を委ねようとしました。単に狂人だと分類するのではなく、心の奥底までも理解し、共感し、慈しみを観客の皆さんに感じて頂きたくて、 感情の軟弱さを表わそうと努めました。同情心を要するキャラクターなので、僕が持っている優しい面をたくさん表現しました。

Q. 思悼世子の複雑かつ劇的な感情の変化を演じるために努力した事は?
A. 思悼世子という人物が対峙している状況はとても特殊です。抜け出すことのできない運命にぶつかり、自分の思いとは異なる運命を受け入れなければなりません。王位継承が運命づけられた 世子として生まれ、特殊な立場の人間だけにしか分からない感情をどう表現したらよいのか深く悩みました。米びつに入る前の怒りや、米びつの中で絶望から恐れに変化する極限の感情表現には特に集中しました。映画は過去と現在が交差する構成を取っていたので、演技に役立ちました。 8日間の一日一日が切りかえポイントのようになり、演技の増幅を調節することができました。

Q. ソン・ガンホとさんとの演技は?
A. 僕のことを俳優としてとても尊重して下さいました。英祖と思悼世子は、最も重要な瞬間に最 も重要な演技を作り出す“運命共同体”でしたのて?、本人の役割ではない僕の役まで念頭に置きながら、撮影の間ずっと安らげる雰囲気を作って下さいました。目も合わせられないほどの大先輩なのに、演技の呼吸は完璧でした。

Q. お薦めの鑑賞ポイントは?
A. この世のすべての父と息子を描いた映画であり、旧世代と新世代の葛藤ともいえます。“世代間の異なる価値観や葛藤”が人間的な側面で扱われているので、観客の皆さんにも共感して頂けると思います。
 
 監督は、『王の男』で1200万人の観客動員を記録した実績を持つ実力派監督イ・ジュニク。本国韓国では公開初日に26万人の観客を動員するという記録を打ち出したほか、青龍映画賞や、韓国映画評論家協会賞作品賞など数多くの栄冠を獲得。そして韓国映画記者協会主催の2015年度「今年の映画賞」で栄えある作品賞に選ばれ、ユ・アインは主演男優賞、チョン・ヘジンが助演女優賞を獲得。そして「2016年アカデミー賞[レジスタードトレードマーク]外国語映画賞 韓国代表作品」という快挙を成し遂げ、 まさに1年間を代表する「顔」となる作品となった。残酷な運命に引き裂かれた王と王子。その複雑な人間描写が胸を打ち、緊張感に心が震える。現代にも通じる普遍的なテーマと李朝最大の謎と呼ばれる史実を大胆に解釈した宮廷歴史大作である。
 映画『王の運命―歴史を変えた八日間―』 !6月4日(土) シネマート新宿ほか全国順次ロート?ショー。

映画『王の運命―歴史を変えた八日間―』

ounosadame-sub2.jpg
© 2015 SHOWBOX AND TIGER PICTURES ALL RIGHTS RESERVED
6月4日よりシネマート新宿ほか全国順次公開
公式HP
衣装展同時開催

【作品概要】
『王の運命—歴史を変えた八日間—』
2015年/韓国/125分
監督:イ・ジュニク(『王の男』『ソウォン/願い』)
撮影:キム・テギョン 美術:カン・スンヨン(『王の男』)
音楽:パン・ジュンソク(『ソウォン/願い、』)
出演
ソン・ガンホ(『殺人の記憶』)
ユ・アイン(『ベテラン』)
ムン・グニョン(『ダンサーの純情』)
キム・ヘスク(『10人の泥棒たち』)
チョン・ヘジン(『テロ、ライブ』) 
ソ・ジソブ(『会社員』)
配給:ハーク
公式HP:http://ounosadame.com/
[コピーライト] 2015 showbox/mediaplex and m.o.vera pictures ALL RIGHTS RESERVED.

【STORY】朝鮮第21代国王の英祖(ソン・ガンホ)は40才を過ぎてから生まれた息子・思悼(ユ・アイン)を、自分と同じく学問と礼法に秀でた世子(=王位継承者)に育てあげようとする。だが父の望みとは裏腹に、思悼は芸術と武芸を好む自由奔放な青年へと成長。英祖が抱いていた息子への期待は怒りをと失望へと転じ、思悼もまた、親子として接することのない王に憎悪にも似た思いを募らせていく。心のすれ違いを埋められぬまま二人の関係は悪化の一途をたどり、ついには謀反にかこつけて、我が子を米びつに閉じ込めようとする英祖。もはや誰にも止められぬ哀切と愛憎の8日間の行方は──。

【当サイト内関連ページ】
ソン・ガンホ×ユ・アイン『王の運命—歴史を変えた八日間—』本日6月4日公開
ソ・ジソブ ノーギャラで特別出演『王の運命』公開記念衣装展開催




本サイトで掲載されている記事、写真の無断使用・無断複製を禁止いたします。
Copyright 2014 OFFICE MARIKO. All Rights Reserved.
height="320" border="0" align="" alt="yooain-sub-inter.jpg" />

ソ・ジソブ ノーギャラで特別出演『王の運命』公開記念衣装展開催 [映画紹介]



sojisub-oubosadame-black.jpg
[コピーライト] 2015 SHOWBOX AND TIGER PICTURES ALL RIGHTS RESERVED
6月4日よりシネマート新宿ほか全国順次公開
公式HP


 こんにちは 上野まり子です。
ソ・ジソブが映画『王の運命ー歴史を変えた八日間ー』で『会社員』以来3年振りのスクリーン復帰を果たした。

 近年はドラマを中心に活躍しながら、2011〜2013年までフランチャイズのカフェを経営、自身が直接開発したメニューが全店舗で人気を集めて経営事業に力を入れていたことが伝えられたジソブ。本作で映画『会社員』以来3年振りのスクリーン復帰を果たした。しかもノーギャラでの特別出演。

sojisub-ounosadame-white.jpg
[コピーライト] 2015 SHOWBOX AND TIGER PICTURES ALL RIGHTS RESERVED

 ソ・ジソブが演じるのは、ユ・アイン演じる思悼世子の息子・正祖役で、出演シーンはそれほど多くないが重要なシーンを担っている。かつて、出世作『映画は映画だ』でも興行結果に見合った歩合制でギャラを受け取る条件で、出演を決めたことがあるソ・ジソブ。本作は世界に名の知れた韓国実力派のベテラン俳優ソン・ガンホという大俳優の映画。自分が最後を飾るのは負担だったからという理由でノーギャラ出演を取り付けたうえで、出演を決めたという。

 ソ・ジソブは本作への出演に関して「出演シーンの多い少ないにかかわらず、役が重要だと思った。シナリオが良かったので出演を決めた。自分がはたして、うまく演じられるのかと悩んだが、現場に入ってみると、本当に楽しい撮影だった。チャンスがあれば、次の作品でイ・ジュニク監督とまた仕事をしたい」と語っている。

 また、公開を記念してソン・ガンホ、ユ・アイン、ソ・ジソブが劇中で着用している豪華絢爛な衣装が崩壊初日の6月4日より、シネマート新宿とシネマート心斎橋で展示される。残酷な運命に引き裂かれた王と王子。その複雑な人間描写が胸を打ち、緊張感に心が震える。現代にも通じる普遍的なテーマと李朝最大の謎と呼ばれる史実を大胆に解釈した宮廷歴史大作『王の運命ー歴史を変えた八日間ー』朝鮮王朝時代の王族しか着ることが許されない威厳を感じさせる煌びやかな韓服に歴史の重みを感じ見とれてしまうこと間違いなし!


ounosadame-ishou-main.jpg
[コピーライト] 2015 SHOWBOX AND TIGER PICTURES ALL RIGHTS RESERVED
6月4日よりシネマート新宿ほか全国順次公開
公式HP

『王の運命ー歴史を変えた八日間ー』公開記念衣装展
【展示日程】
★6/4(土)?8(水)1週目           
新宿:ソン・ガンホ、ユ・アイン     
心斎橋:ソ・ジソブ           

★6/11(土)?22(水)2週・3週目
新宿:ソ・ジソブ
心斎橋:ソン・ガンホ、ユ・アイン

★6/25(土)?7/1(金)4週目
新宿:ソン・ガンホ、ユ・アイン
心斎橋:ソ・ジソブ


ounosadame-poster.jpg
[コピーライト] 2015 SHOWBOX AND TIGER PICTURES ALL RIGHTS RESERVED
6月4日よりシネマート新宿ほか全国順次公開
公式HP


【作品概要】
『王の運命ー歴史を変えた八日間ー』
2015年/韓国/125分/
[コピーライト] 2015 SHOWBOX AND TIGER PICTURES ALL RIGHTS RESERVED
監督:イ・ジュニク(『王の男』『ソウォン/願い』)
撮影:キム・テギョン 美術:カン・スンヨン(『王の男』)
音楽:パン・ジュンソク(『ソウォン/願い、』)
出演
ソン・ガンホ(『殺人の記憶』)
ユ・アイン(『ベテラン』)
ムン・グニョン(『ダンサーの純情』)
キム・ヘスク(『10人の泥棒たち』)
チョン・ヘジン(『テロ、ライブ』) 
ソ・ジソブ(『会社員』)
配給:ハーク
公式HP:http://ounosadame.com/
[コピーライト] 2015 showbox/mediaplex and m.o.vera pictures ALL RIGHTS RESERVED.

【STORY】朝鮮第21代国王の英祖(ソン・ガンホ)は40才を過ぎてから生まれた息子・思悼(ユ・アイン)を、自分と同じく学問と礼法に秀でた世子(=王位継承者)に育てあげようとする。だが父の望みとは裏腹に、思悼は芸術と武芸を好む自由奔放な青年へと成長。英祖が抱いていた息子への期待は怒りをと失望へと転じ、思悼もまた、親子として接することのない王に憎悪にも似た思いを募らせていく。心のすれ違いを埋められぬまま二人の関係は悪化の一途をたどり、ついには謀反にかこつけて、我が子を米びつに閉じ込めようとする英祖。もはや誰にも止められぬ哀切と愛憎の8日間の行方は──。

【当サイト内関連ページ】
ソン・ガンホ×ユ・アイン『王の運命—歴史を変えた八日間—』6月4日公開
ユ・アインインタビュー『王の運命―歴史を変えた八日間―』公開記念




本サイトで掲載されている記事、写真の無断使用・無断複製を禁止いたします。
Copyright 2014 OFFICE MARIKO. All Rights Reserved.


前の3件 | - 映画紹介 ブログトップ
メッセージを送る
上野まり子のアジアン・スターインタビュー