So-net無料ブログ作成
韓国歌手イベントレポート ブログトップ
前の3件 | 次の3件

シン・スンフンJAPAN LIVE 2013取材レポ [韓国歌手イベントレポート]

of-4067.jpg

 こんにちは 上野まり子です。
韓国“バラードの帝王”シン・スンフン4年ぶりとなる日本公演、「THE SHIN SEUNG HUN JAPAN LIVE 2013~GREAT WAVE~」[主催:CJ E&M Japan(Mnet)/E-MOTION]が昨年12月26日27日の両日、中野サンプラザホールにて開催された。

★★★
本文はこちら
上野まり子のアジアンスタービュー

http://uenomariko.jp

★★★

「♪微笑みに映った君」を歌いながら登場したシン・スンフン氏、続く「♪I Believe」はアカペラでスタート、ファンは立ち上がって手拍子を送る。 「本当に久しぶりです、待っていましたか?」の挨拶に大きな歓声。韓国にいながらも皆さんの事をいつも気にかけていたと言う彼。一番の心配は皆さんの健康。次に皆さんがK-POPの若手に乗り換えていないか。「正直、もう可愛いという年ではないが・・・」と会場を沸かせた。カッコイイ振り付けはないが、すばらしいバラードをお聴かせする」とコンサートは本格的にスタートした。

 この3年間を取り戻すためにと選ばれたのは初めて作った曲「♪今日みたいなこんな窓の外がいい」と最新作「♪君」。続いて映画『連理の枝』から「♪僕より少し高いところに君がいるだけ」、「♪秋色の追憶」、「♪君だけのための愛」と代表ナンバーを続けて披露した。
「テンポの良い曲を」と「ジャズの世界へ」。「♪泣かせないで」、そして「♪君はサファイヤのように」には大歓声が上がった。日本語での「♪初恋」に続く「♪Love Witch」ではサングラス姿でダンサーと共にダンスも披露、そして欠かせないコーナー「♪オンマヤ」、久しぶりの振り付けを忘れていなかったファンに感激した様子だ。

 さて一旦ステージを後にした彼、スクリーンにはシン・スンフン氏インタビュー映像。インタビュアーはご本人となかなか面白い企画。「皆さんが5分間の短いドラマで爆笑してくれたら僕は幸せだ」とのメッセージが添えられた。

b-of-8574.jpg

「クリスマスコンサートにしたかったけれど、会場がなくて」と彼、それでもクリスマス当日に来日し、リハーサルに打ち込んだ。それが皆さんへのプレゼント」と一日遅れのクリスマスソング。ドラマ『アイリス』から「♪Love is Ilis」や日本での新曲「♪Song for You」をアコースティックギターで披露した。
 リメークアルバムにも収録された「♪Sweet Memories」、辛い事も時が経てば、甘い思い出になる!」との言葉が添えられた。
客席の眩しそうな様子に前奏を一旦止めてライトを消し歌い始めた「♪蝶効果」、一筋のスポットだけのステージはしーんと静まり返った会場には彼の歌声だけが響く感動的なステージとなった。
 6年で3枚のミニアルバムをリリース、その集大成のシン・スンフン スペシャルアルバム 「 Great Wave 」 からタイトル曲「♪SORRY」。迷いは終わり、新たな20年を歩むと誓った。欠かせない一曲「♪ロミオ&ジュリエット」や「♪飛上」に「♪はじめてのその時のように」。「楽しいですか?私は大変です!」会場を笑いに包み、「皆さんの幸福そうな顔を見て、気分良くノッて歌った」と彼。続いてバラードのステージ。「こうして悲しいバラードを歌ってきたからこそ私はここにいる。」という思いを語り、<心で歌う歌手でいる>と決意も新ただ。「♪行ってしまうのか」。そして語るように歌う「♪こんな僕を」。とうとうと歌い上げる「♪見えない愛」や「♪その後しばらくの間」。歌い終わると客席全員が立って聴いていることに気づいた彼、「バラードを立って聴いて下さって、本当にありがとう。歌っていて良かったと思う」とその感動を伝えた。
 「デビューして23年、『ミュージシャンは全てを歌で表現する』と言うことが解った。全ての気持ちを心に込めて歌った。本当にありがとうございます」と彼。「これからも言葉の代わりに音楽で伝える」最後に日本語での「♪言葉に出来ない」、まさしく彼の今の心境を歌うに相応しい選曲。

of-8247.jpg

 アンコールに応え真っ白のスーツ姿で再登場、いつまた会えるかわからないが、忘れないで欲しい。どんな時でも幸せで居てほしい。辛い時には僕の歌がなぐさめになれれば。“愛する事しかない!”先輩の<歌手は音楽で>の言葉に従って、<いつも君の傍に居られるように。いつも君の傍にはシン・スンフンの歌がある>とメッセージして、「♪My Melody」をラストに公演は終了となった。
なお、この来日公演の模様はバックステージ映像とともに、2月Mnetにて独占放送が決定している。

【放送案内】
『THE SHIN SEUNG HUN JAPAN LIVE 2013~GREAT WAVE~』
2013年 Mnet Japan制作/60分/Mnet Japan独占放送
本放送:2月9日(日)深夜0:00~1:00
再放送:2月10日(月)深夜2:30~3:30、2月15日(土)午後3:30~4:30
放送チャンネル:韓国100%エンターテインメントチャンネルMnet
詳しくはHP

シン・スンフン ジャパンオフィシャルファンクラブ




チケットぴあ【携帯向けサイト】

 

本サイトで掲載されている記事、写真の無断使用・無断複製はご遠慮下さい。
Copyright 2013 OFFICE MARIKO. All Rights Reserved.


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ペク・チヨン「その女」発売記念コンサート取材レポ“歌手はメッセンジャー” [韓国歌手イベントレポート]


of-0544.jpg


こんにちは 上野まり子です。
韓国バラードの歌姫ペク・チヨンが5月1日、ドラマ「シークレット・ガーデン」挿入歌「♪その女」日本語セルフカバーでデビューを果たした。同日赤坂BLITZで行われた発売記念コンサート『ペク・チヨン PREMIUM NIGHT シークレット・ガーデン 〜その女〜 日本デビュー記念LIVE』には国内外から多くのファンが駆けつけた。

★★★
本文はこちら
上野まり子のアジアンスタービュー

http://uenomariko.jp

★★★

of-0554.jpg

豪華なドレスで「♪その女」韓国語バージョンを歌いながら登場のペク・チヨンに大きな歓声が上がった。すでに韓国では13年のキャリアを持ち、バラードの女王、OSTの女王として数々のタイトルを獲得しているペク・チヨンだが、日本での単独ライブは初めて、改めて日本語で“韓国から来たペク・チヨンです。”と挨拶した。

of-0570.jpg

5月1日付のUSEN歌謡曲部門1位を獲得したとのニュースに“ホントウデスカ、ホントウデスカ!”と興奮して喜びを現したペク・チヨン。日本デビュー曲「♪その女」はドラマ「シークレット・ガーデン」の素晴らしい映像と女性の心情を良く現している曲だと紹介した。

of-0667.jpg

of-0711.jpg

デビューシングル「その女」に収録された日本語曲の他、韓国での代表曲やダンスナンバーなどを披露した彼女、トークタイムではお茶目で気さくな面も見せた。
また日本デビューコンサートを祝って、OSTに参加したドラマ「IRIS(アイリス)」の主演イ・ビョンホン、キム・テヒ、大先輩シン・スンフンや後輩歌手から送られた多くのビデオメッセージが紹介された。
また、“ご結婚おめでとうございます”と会場からもお祝いの拍手が贈られた。年齢の差に躊躇もあったが、結婚により人生が幸せになるなら、良い歌を歌って行けるはずと決心したという。歌を通してメッセージを伝えることこそ重要で歌手はメッセンジャーだとした。

of-248.jpg

アンコールに日本デビュー曲「♪その女」を生で披露、切なく歌う姿は女王の貫禄だ。
デビューコンサートはペク・チヨンの“アリガトウゴザイマシタ!”の言葉で終了なり、その後ハイタッチ会が行われた。

さてハイタッチ会を終えたばかりのペク・チヨンは招待客、関係者、マスコミへの挨拶の場を設けた。5年前よりペク・チヨンに注目し、惚れ込んだというテイチクエンタテインメントの担当者の挨拶に続き、ペク・チヨン自身も感謝の辞を述べた。テイチクエンタテインメント社長の乾杯の音頭でデビューコンサートの成功の祝杯を挙げた。その後、ペク・チヨンは列席した一人一人へ丁寧に挨拶に回った。

なお、今秋にはペク・チヨン2ndシングルの発売も予定されている。
囲み取材レポートはこちら

★★★
本文はこちら
上野まり子のアジアンスタービュー

http://uenomariko.jp

★★★

日本デビュー・シングル「その女」
  2013年5月1日(水)発売 

 韓国ドラマ「シークレット・ガーデン」挿入歌(日本語歌詞セルフカバー)
Imperial Records(インペリアルレコード)

cd-f.jpg
その女(初回限定盤)(DVD付)


その女

【今日の一言】
韓国ではすでにトップ歌手であるペク・チヨンが日本では新人、その姿は謙虚の一言。時に哀しげに切なく、時にドラマチックにと歌手としての実力は勿論、決して奢らず、また庶民的で親しみ易いキャラクターは日本においてもきっと成功を収めるだろう。近い将来日本のドラマの主題歌歌唱を望むところだ。

本サイトで掲載されている記事、写真の無断使用・無断複製を禁止いたします。
Copyright 2013 OFFICE MARIKO. All Rights Reserved.


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ペク・チヨン 日本デビュー曲「その女」を披露囲み取材レポ [韓国歌手イベントレポート]

m-2384.jpg

こんにちは 上野まり子です。
韓国バラードの歌姫ペク・チヨンが5月1日、ドラマ「シークレット・ガーデン」(2010)挿入歌「♪その女」日本語セルフカバーで日本デビューを果たした。
同日、デビューを記念して赤坂BLITZにて「ペク・チヨン PREMIUM NIGHT 日本デビュー・シークレット・ガーデン~その女~リリース記念コンサート」を開催.した。

m-2413.jpg

イベントを前にマスコミにデビュー曲「♪その女」を一足先に披露した後、囲み取材に応じた。
“日本デビューおめでとうございます”のお祝いの言葉に迎えられたペク・チヨンさんは大好きなアーティストの多い日本でのデビューを光栄だとし、日本語歌詞でのセルフカバーは感情移入し易かったと語った。
プライベートでも嬉しい事があるそうだがと結婚の話になると、一層嬉しそうな笑顔を見せ、彼は格好良く、優しく、ユーモアがある素敵な人で、同じ業界なので理解もあり、日本での活動を励ましてくれるとエピソードを紹介した。
さて日本での今後の活動について、後輩2PMのように東京ドームの公演を目指すと笑顔を見せた。

ペク・チヨンの「♪その女」は韓国ドラマ「シークレット・ガーデン」の挿入歌としてすでに日本でも知られている。ドラマ「IRISアイリス」、「王女の男」、「ファンジニ」「屋根部屋の皇太子」、「アラン使徒伝」などドラマOOSTに参加しており、OSTの女王とも呼ばれている。なお、「その女」はi-Tunes、レコチョクでダウンロード購入可。また早くも今秋にはペク・チヨン2ndシングルが発売予定。今後の活動に注目だ。
当サイト内コンサートレポート記事はこちら

★★★
本文はこちら
上野まり子のアジアンスタービュー

http://uenomariko.jp

★★★



ペク・チヨン
韓国ドラマ「シークレット・ガーデン」挿入歌日本語セルフカバー
「その女」
5月1日 リリース

cd-f.jpg
その女(初回限定盤)(DVD付)


その女

本サイトで掲載されている記事、写真の無断使用・無断複製を禁止いたします。
Copyright 2013 OFFICE MARIKO. All Rights Reserved.


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の3件 | 次の3件 韓国歌手イベントレポート ブログトップ
メッセージを送る
上野まり子のアジアン・スターインタビュー