So-net無料ブログ作成

イ・ドンウク   インタビュー取材 REPORT   [韓国俳優取材REPORT]


スポンサードリンク



こんにちは 上野まり子です。

アジア・ドラマチックTV★So-netで放送中の「マイ ガール」 ご覧頂いていますか?
その「マイ ガール」の追いかけ放送がいよいよ8月20日からスタートします。

bloguenomariko080819idonnuku-1.jpg

 

7月27日に主演 イ・ドンウク氏にインタビューができましたのでお届けします。

「Lee DongWook with SunsetCruise in Japan  イ・ドンウクと行くサンセット・クルーズ」と名打ったイベントは7月27日 竹芝桟橋から就航するレストランシップ ヴァンテアン号の船上で行われた。イベントに先駆けてホテルインターコンチネンタルにてインタビューに応じてくれた。

会場となったビジネスセンターの窓からは眼下に東京湾が見渡せる。夏の光が降り注ぐ海面とレインボウブリッジが少し霞むように見えていた。

テーブルの向こうのイ・ドンウク氏は気さくな感じで迎えてくれた。その大きな済んだ目をして“こんにちは イ・ドンウクです。宜しくお願いします。”とまずはご挨拶の後、今日のイベントについて船でのファンミーティングは初めてだし、ファンとも近くで会うことが出来るので楽しみだと感想からお話くださった。

イベントの際「撮影が終わって、まだ一週間か10日ぐらいです。まだ撮影が続いているようで、夢の中でうなされています」というドラマ「甘い人生」、主人公イ・ジュンスは両親もなく育った可哀相な男、友達に出会うがその友達も金で操るような人間で侮辱を受けながら生きる中、オ・ヨンスさん演じるヘジンに出会って愛に落ちるという内容、イ・ジュンスは、言葉で表現できないような男性なので実際にドラマを観て下さい。たぶんご覧になったら「マイガール」のソル・ゴンチャンとのあまりの違いにビックリすると思います。とイ・ドンウク氏が紹介した新しいドラマから質問となった。


Q:ドラマ「甘い人生」で痩せたようだがその理由は?
イ・ドンウク氏: もともとドラマの撮影中は体重が落ちるタイプです。「マイガール」の時も6kg痩せました。撮影中は眠れないし、お腹いっぱいだと演技に集中できないのであまり食べない方です。でも今回のドラマはそのこと以上にキャラクターを作り上げていく事に悩み、辛かったことも多かったので痩せたと思います。 

Q : 32階の高層アパートから落ちるシーンについて
イ・ドンウク氏 : 落ちるシーンはブルースクリーンで撮影し合成する方法だったので大丈夫でしたが、実際に32階の欄干に立っての撮影は辛いとか大変だったとかいう以前に死ぬほど怖かったです。少し立っただけで目の前が真っ白になるほどで撮影が終わっても ぼんやりして目が泳いでるとスタッフに言われたほどでした。もう二度とあのようなシーンの撮影はしたくないです。だってここが20階でしょ、ここよりもう12階も上なんですからね。(一旦外を見て、撮影時を思い出したようだった。Oh,怖い!と言う表情を見せた。)
でももう一回やれと言われたら?“やりたくないけどやるしかないでしょ!” 
(上野):他にやりたくない事は?
イ・ドンウク氏 : 第1話から第3話にかけて雪山をさ迷い歩くシーンがありますが、太ももの辺りまでの深い雪の中を歩くのも大変なのに走り回らなければならなくて大変だったのでもうやりたくないですね。 

(上野)寒いのは不得意なの? 
“そうですよ、タエナジョー!(勿論でしょ)”とイ・ドンウク氏、これがなかなかキュート。

Q : 体力には自信がある方?
イ・ドンウク氏 : 自信は勿論ありますし疲れていても精神的に持ちこたえるタイプですが、あの雪山のシーンの撮影だけは本当に大変でした。6時間も走り回り続けましたから。

Q : 筋肉痛は?
イ・ドンウク氏 : 山は高いし寒いし雪の中を6時間も走り回ったせいで筋肉痛より呼吸困難で倒れてしまいました。

俳優さんは過酷ですね。
イ・ドンウク氏 : そうですよ、身を挺して死ぬ覚悟で撮りました。同じシーンがあったらまたやってしまうでしょ!
辛いシーンがあると監督に“絶対にできません”と言うのですが、結局はやってしまいます。ですからもう今は“辛くてやりたくありません”と言っても誰も信じてくれなくて“結局やるんだろう!”と一蹴されてしまいます。

bloguenomariko080819idonnuku-3.jpg

私としてはアジドラで「マイガール」を放送中なので勿論このドラマの事を訊くのは欠かせません。
ところが彼はもう3年も前の作品だよ!まだやってるの?いつまでやるの?
ですから私はあと5年かな? もしかして10年ぐらいかな?と答えて一同大笑いとなった。

Q : キャラクターと似ていたところ、違っていたところは?
イ・ドンウク氏 : まず違うのは僕はあんなに金持ちではないこと。同じところは女性に対し無口なところ。仕事を一生懸命するところも似ていますね 。

Q : 好きなシーンは?
イ・ドンウク氏 : イ・ジュンギ氏とスカッシュをするシーンが記憶に残っています。これは秘密なんですが二人ともスカッシュが初めてすごく下手だったためボールなしで撮影しました。上手に見えるでしょ!
(上野)そのこと掲載しても大丈夫?
イ・ドンウク氏 : もう3年もたったから時効でしょう!(笑)

ここでイ・ジュンギ氏へのインタビューと同じ質問をしてみた。
Q : 彼女のタイプは好き?
(実はこのときイ・ジュンギ氏を好きかと訊かれたと勘違いし、一瞬僕はそのタイプではないよという顔を見せた彼)
イ・ドンウク氏: ドラマのキャラクターがすごく嘘をつく人だったけれど嘘さえつかなければ大好きなタイプです。明るくて活発で生活力もあり愛嬌があるタイプは僕の好みです。
(と言う事はイ・ジュンギ氏と同じ答えなので好きなタイプがかぶるかも。)

Q : 「甘い人生」ではオ・ヨンスさんという年上の女性を好きになる役でしたが実際に年上の人は?
イ・ドンウク氏 : 愛していれば年の差なんて関係ないんじゃない!

Q : 「甘い人生」を演じてみて考えが変わった点は?
イ・ドンウク氏 : ありません!(きっぱりと)

いつもの私の最後の質問 Q : 俳優として大切に思っている事は?
イ・ドンウク氏: ファンです。ファンがいなければ僕の存在価値はないわけですから。(少し複雑になりますがと前置きし、)俳優という職業は大衆から選択を受けなければならない職業だと思っています。演技であれ、俳優イ・ドンウクであれ皆さんが選択してくれなければ立つ舞台もなくなってしまいますし、演技をする価値もなくなってしまいます。ファンがいる事により力も得る事でき、活躍の舞台を与えられると思っています。それが僕の存在理由です。

こんな素敵な答えでインタビューは終了し、フォトセッションとなったがその準備にご自身で重いテーブルを動かして準備の手伝いをしようとする彼にその人柄の良さを感じた。

bloguenomariko080819idonnuku-4.jpg

実は撮影中もインタビューは続けた。但しこれはランダムとなるため通訳されたりされなかったり、でもこんな時に本音や面白い話が聞けることが多い。

窓から射す強い太陽の光に“暑いよ!”と彼。

3台のカメラに同時にレンズを向けられたイ・ドンウク氏、“僕はどのカメラを見ればいいの?”

ファンミーティングが終わったら何をしたい?
“終了パーティー!”(イ・ドンウク氏 面白過ぎます。)
何が好き?生ビール?
“何でも飲むよ!”

日本食は?
“全部好きだよ!納豆も食べるよ!”
(私達はへーぇ!)

この後何かに答え“年が年なんで”とおっしゃったが何のことかちょっと聞き取れず残念。
そんな韓国語だけの会話でしばらく撮影していると“逆光だと誰でもうまく撮れるんだよね。”と彼、上野は即座に“綺麗な人はどう撮っても綺麗” と一言。彼は当然のようにさらっと“ありがとう!”これがなかなか素敵!全く嫌味を感じさせない。

最後に“映画とドラマとどっちが好き?” との問いには“ジャンルには全くこだわっていない。できれば演劇もやってみたい。”と意欲を見せた。

こうして5分と言う充分な時間を取ってくださったフォトセッションも終わり、“お疲れ様でした。” “Bye Bye,See You Again!” と明るい笑顔でお別れの挨拶をした。

bloguenomariko080819idonnuku-2.jpg

さあ若いときからの俳優生活が10年となるという彼、今後どんな風に展開し、新しい姿を見せてくれるのかとても楽しみな俳優だ。

この後、いよいよ船上の人となり限定300人のファンとのファンミーティング、ドラマを題材にしたクイズコーナーや、トークタイム、彼の歌のプレゼント等短い時間だったけれどもやるべき事はやったという彼、ファンとの楽しい時間を過ごしたそうだ。

bloguenomariko080819idonnuku-5ibennto.jpg

明日よりアジアドラマチックTV★So-netで「マイガール」追いかけ放送がスタートする。
私も愉快な彼の姿を思い出しながらもう一度見てみようと思う。

アジアドラマチックTV★So-net ドラマ「マイガール」
追いかけ放送 スケジュール

2008年08月20日 (水) 10:30 15:30 22:30 #1
2008年08月22日 (金) 10:30 15:30 22:30 #2
2008年08月27日 (水) 10:30 15:30 22:30 #3
2008年08月29日 (金) 10:30 15:30 22:30 #4
2008年09月03日 (水) 10:30 15:30 22:30 #5
2008年09月05日 (金) 10:30 15:30 22:30 #6
2008年09月10日 (水) 10:30 15:30 22:30 #7
2008年09月12日 (金) 10:30 15:30 22:30 #8
2008年09月17日 (水) 10:30 15:30 22:30 #9
2008年09月19日 (金) 10:30 15:30 22:30 #10
2008年09月24日 (水) 10:30 15:30 22:30 #11
2008年09月26日 (金) 10:30 15:30 22:30 #12
 (以降は10月放送スケジュールをご覧下さい。)

アジドラ「マイガール」紹介ページ
http://www.so-net.ne.jp/adtv/content/kd_SO0000000419.html

 

イ・ドンウク ジャパン オフィシャル ファンクラブ
http://www.leedongwook.jp/

 

 

 



スポンサードリンク


nice!(6)  コメント(6)  トラックバック(4) 
共通テーマ:テレビ

nice! 6

コメント 6

*ぴあの*

さきほど見ていました、「マイガール」。
もとをたどれば、SE7ENの本名がチェ・ドンウクなので、
名前が似ているイ・ドンウクさんって、どんな人なのかな、と
チェックしたのがはじまりなのですが(笑)
とても男らしくてカッコ良くて、そのうえキュートな方ですよね~!
by *ぴあの* (2008-08-21 02:54) 

上野まり子

ぴあの様

ありがとうございます。

SE7ENはアメリカがターゲットになっていて
なかなか来日はしませんね?

イ・ドンウク氏は本当に現代的な好青年で
色が白く美しい方でした。
韓国語をお話になる以外は
実にフレンドリーで
いつも仲良しにしている
日本の若い男性達と同じでした。
まさにキュートでした。

SE7EN氏もキュートですよね。
おまけに彼は日本語を話しますね。

またお越しくださいね。




by 上野まり子 (2008-08-21 03:20) 

dolphinkwan

Dear ! Ms. 上野,
Hello! I am come from Hong Kong.
Thank you for your great report! it is very nice! Good job!!
I am agree he is nice & good peson~~好青年~~ ^^
Thank you again! Have a nice day!
Dolphin


by dolphinkwan (2008-08-21 12:58) 

上野まり子

Dear Ms,dolphinkwan

Thank you very much for your comment from Hong Kong.
I'm happy because you enjoy my interview.
Please come again!

Mariko Ueno

by 上野まり子 (2008-08-22 00:37) 

donfan

楽しく読ませていただきました。
特に、ありきたりの質問より、撮影中のちょっとした会話みたいなものが、とても嬉しく、上野さんファン心理をよくわかってくださって、最高です!
ぜひ、また来日した際には、上野さんがインタビューして、裏話聞かせてください。
ほんとに、ありがとうございました♪
by donfan (2008-08-30 14:06) 

上野まり子

donfan様

ご訪問ありがとうございました。
お喜び頂き嬉しいです。

私も是非単独インタビューしたいと思っております。
きっと楽しいお話が伺えると思います。

ファンの皆さんからもご声援頂き
是非上野にインタビューをと リクエストしてくださいますと
実現するかも知れません。

勿論イ・ドンウク氏サイドからの
ご了解が得られればの話ですが。

続けてお楽しみ下さい。




by 上野まり子 (2008-08-30 22:16) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 4

トラックバックの受付は締め切りました
上野まり子のアジアン・スターインタビュー