So-net無料ブログ作成

『第3回日韓友情フェスタ』キム・ナムギル記者会見REPORT [韓国俳優取材REPORT]


スポンサードリンク


こんにちは 上野まり子です。

M-4104-TOPA.jpeg

日頃から文化交流を通じて日韓の友好親善のため尽力しているNPO法人日韓文化交流会は毎年4月、日韓の同一性回復と歴史性、話題性などをコンセプトに温かいチャリティーの土壌を育てようと『日韓友情フェスタ』を開催している。チェ・スジョン、ソン・イルグクという歴史ドラマの出演俳優たちを招聘して行われてきたこのチャリティーイベントは、日韓国交正常化45周年に当たる今年、第3回目を迎えた。今回は日韓で爆発的人気を呼んでいる歴史ドラマ『善徳女王』でピダムを演じたキム・ナムギル氏、日本の曲のカバーや多くのOST参加など日韓で活躍中の歌手POSITION氏、そして数多くの舞台で韓国音楽を演奏してきた室内管弦楽団パラダンが参加し、4月17日(土)文京シビックホール(大ホール)にて開催された。
開催に先がけてキム・ナムギル氏、POSITION氏の記者会見が行われた。
キム・ナムギル氏は『善徳女王』の人気に加え、公式会見も初めてとありマスコミの関心も高く多くの取材陣が詰め掛けた。
それではまずはキム・ナムギル氏会見部分からREPORTを始める。

M-3608ishou.jpeg

ピダムの衣装が飾られた会見場、キム・ナムギル氏は端正な顔立ちにスレンダーな体躯、ジャケットにTシャツというラフな衣装でやや緊張気味に姿を現した。

M-3792.jpeg
M-3851.jpeg

4度目の来日で、意味深いイベントに参加でき光栄だ。『善徳女王』が放送中だが多くの応援をお願いしたいと挨拶し、多くのマスコミの来場に感謝の言葉を述べた。
早速記者質問となった。
Q:日本のファンにどのような印象を持っているか?
A:私を始めとする韓国俳優達、また韓国の映画、ドラマへの高い関心と愛に感謝する。撮影現場での様子や俳優への熱い想いに日本の国民は情熱的だと感じている。
Q:『善徳女王』のピダム役は強かったが日頃の体力作りは?
A:普段からスポーツは好きだが、ドラマ『恋人』でイ・ソジン先輩とのアクションシーンの為にアクションスクールに通った。アクションシーンは興味があり、そのような作品に出演したい。
Q:ドラマ『恋人』で記憶に残るシーンは?
(これは公式ページを担当していた為是非とも訊いてみたいと思っていた私の質問)
A:イ・ソジン先輩(ガンジェ)の恋人、ユジンのパン屋の前で“彼女を宜しく!”と言われ慌てたシーンで、彼女を心の中だけで愛するというせつない想いが記憶に残っている。
*実はこのシーン、当時私も『恋人』公式サイトで取り上げた。せっかくなのでご紹介しておこう。)
『恋人』公式ページ 
http://yonin.blog.so-net.ne.jp/2007-10-03(あらすじ) 
http://yonin.blog.so-net.ne.jp/2007-10-01(最新情報)
Q:『善徳女王』が初歴史ドラマ出演だが、改めて学んだことは?(実はこちらも私の質問)
A:韓国の歴史を取り上げた作品で歴史上の時代背景や社会的背景を含み言葉使いや衣装は時代劇特有のものだが、演じたピダンは伝統的な時代劇と言うより現代的な役回りで、時代劇とも現代劇とも付かないフュージョン的な演技をした。しかし後半には宮廷に入り、伝統的時代劇の部分もあり苦労した。
Q:『善徳女王』のピダム役の役作りは?
A:ピダムは時代劇の中でも新鮮な役どころだったと言われている。初の時代劇だったが言葉も現代語で、作家や監督からは自由に演じるようにと指示されただけだった。ただ前作の『善徳女王』を考えると視聴者に受け入れて貰えるかが気がかりだった。役作りは『バガボンド』の武蔵や『スラムダンク』の主人公(桜木花道)という日本の漫画のキャラクターを参考にし、刀を持った時には武蔵の様な鋭いイメージに、また持たない時には天真爛漫で純粋な姿を自分なりに構想した。また韓国漫画では『熱血江湖』を参考にした。(なお、前作の『善徳女王』は見当たらないため私の聞き違いかもしれない。原語等を調べた上訂正する可能性もある。)

M-3997.jpeg
(通訳の間、彼はマイクに付いた輪ゴムをしきりに気にしていた。一心に興味を向ける姿はどこか可愛らしさをかもし出し、『恋人』のテサンを思い出させた。“元に戻してくれた?”には“は~ぃ!”と日本語で答えた。)
Q:新しいドラマ撮影で来日もしているが、日本について考えが変わったか?
(ところでこの質問に答える前にマスコミ席の中心に座っていたカメラマンに注目した彼、実はその方は迷彩服を着ていたオフィシャルカメラマン。“真ん中の方は軍人さんですか?”と彼、ファッションとして着ている事が解るとほっとした表情で“ア~ァ、ファッション!スミマセン。”と笑顔になった。これには現場のマスコミ人も沸いたが、やはり入隊のことが気にかかるのかと思った。)
A:非公開のドラマ撮影で名古屋の下呂温泉にいた。東京は初めて来たがびっくりした。(実際には主演映画の公開時の来日で東京に来ているが、公式な舞台挨拶には立てなかったため非公式と言うことになるのか、東京に初めて来たという表現になったと予想される。)高層ビルが大好きだが、東京は典型的な都市で先進国という印象を持った。文化的にはカルチャーショックを受けた部分もあるが日本には好印象を持っている。名古屋は自然が多く、特に温泉が印象に残っている。それぞれの都市で違うカラーを持っているようだ。まだ見ぬ都市にも行ってみたい。
(質問順序不同)

 

M-3977.jpeg

困っている人がいれば助けようという気持ちは国に関わらず同じだろう。だが韓国にも困っている人がいるのに外国の人を助ける事には懐疑的だった。しかし海外でのボランティア活動で基本的な衣食住さえ整わない貧困の状態にある子供たちを見て気持ちが変わった。韓国と日本はアジアの中でも文化的に発展している国として活動のリーダーシップをとり、国や民族を超えて同じアジアに住むものとして手を携えて助けて行くことができれば良いとメッセージした。



M-4101.jpeg
M-4124.jpeg
M-4081.jpeg
M-4077.jpeg
M-4111.jpeg
M-4133-LastB.jpeg

その後にフォトセッションに応えた彼、時々見せる屈託のない笑顔や悪戯っぽい眼差しがピダムやテサンに重なった。“手を振って!”というカメラマンのリクエストには“選挙をしているようだ!”と彼、最後には“皆さんお食事は?”と気遣った。これには記者席から“一緒に食べましょう!”と声がかかるなど楽しい会見となった。

キム・ナムギル氏の記者会見前に行われたPOSITION氏の会見の模様は次回お届けする。


 【参考資料 作品より】

pidamu2.jpeg
pidamu1.jpeg
(C) 2009 MBC ALL RIGHTS RESERVED.


『善徳女王』ピダム役=キム・ナムギル
ピダムはミシルがチムジ王を誘惑して生んだ息子ヒョンジュン(王子名)だが、王妃になる目的を果たせなかったミシルに生後まもなく捨てられる。国仙ムンノに育てられ、自由奔放だが武術に長けた青年に成長する。ミシルの手下に狙われたトンマン王女を助けて友情を育むが、自分の出生を知るとトンマンの敵となる。 同じストーリーの中で前半は市中で天真爛漫な姿を、後半は宮廷での姿とどの役を与えられてもまったく違う姿を見せると評判の彼の面目躍如という所だろう。

*記事中のはSo-netのシステム上の問題でと見える事がある。ご覧戴く際にご考慮いただくようにお願いしたい。

◆ 

NPO法人 日韓文化交流会

http://www.japankorea.org/
TEL:050-5538-0304
E-mail info@japankorea.org

◆◆ 

【今日の一言】
私はキム・ナムギル氏がイ・ハンと言う名前で出演していたドラマ『恋人』の日本公式サイトをしていた事もあり、当時から大注目の俳優だった。いつ来日するか、また招聘を働きかけたこともあった。各社が来日交渉をしていたが軍入隊を控え、召集待機で出国することが難くなり各社は断念せざるを得なかった。そんな中NPO法人日韓文化交流会から今年の『日韓友情フェスタ』にキム・ナムギル出演の一報が入った。本来なら出国が出来ないこの時期に、チャリティーというこのイベントの趣旨を鑑み韓国政府の特別な配慮と理解によって許可が下り来日が実現したのだ。ところで彼が会見で使った日本語は“はい”と“そうか”と“スミマセン ”くらいだったが、実は日本語がすらすらと使えるのではないかと思えるほど違和感がなかった。ぽそりと言うその日本語も何ともキュートだ。
『恋人』公式ページを作成する過程で何度も何度も映像で見ていた彼を目前にして、質問の際に私は自分のサイト名を言いよどむ程緊張したことは正直に申し上げておこう。

【今日の一枚】
今回、私のカメラは何故かとても調子が悪かった。せっかく記事や写真をお待ちいただいた方にご満足いただけるか心配でもある。また取材の位置があまり良い選択ではなかったようで彼のキュートな笑顔はあまり撮影できなかった。それでも会見の中で見せた彼らしい一枚をお届けする。

M-3925PH.jpeg
 

◆◆◆

【作品紹介】
『善徳女王』
善徳女王は朝鮮半島初の女性統治者、その誕生と波乱に満ちた半生を描くサクセスストーリー。
詳しくは各公式ページにて。

『善徳女王』公式ページ
http://www.sondoku.com (ポニーキャニオン)
http://www.bsfuji.tv/seondeok/ (BS FUJI)

【DVDリリース案内】

sonzoku-wa-23-20.jpeg
(C) 2009 MBC ALL RIGHTS RESERVED.


『善徳女王<ノーカット完全版>』

BOX-1.jpegBOX2.jpeg

DVD-BOX Ⅰ は発売中
DVD-BOX Ⅱ は4月21日発売。
以降順次発売予定

発売元:フジテレビ映像企画部/ポニーキャニオン
販売元:ポニーキャニオン
価格:¥13,440(税込)
(C) 2009 MBC ALL RIGHTS RESERVED.

◆◆◆


【当サイト内関連ページ】


第3回日韓友情フェスタ告知ページ
http://uenomariko.blog.so-net.ne.jp/2010-03-29

『善徳女王』関連ページ
(主演俳優来日イベント、DVDリリース案内、放送案内掲載ページ)
http://uenomariko.blog.so-net.ne.jp/2010-04-08
http://uenomariko.blog.so-net.ne.jp/2009-11-29

ドラマ『恋人』 日本公式ページ
http://www.so-net.ne.jp/adtv/yonin/

本サイトで掲載されている記事、写真については無断使用・無断複製を禁止いたします
Copyright 2010 OFFICE MARIKO. All Rights Reserved.



スポンサードリンク


nice!(15)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 15

コメント 6

ちい様

上野さん、こんばんわ。

レポートお待ちしておりました。(^-^)
実は、運よくこのチャリティーイベントに参加する事が出来たので、
生ナムギルssiを見れて、とても嬉しかったです。
上野さんの姿も拝見しましたよ。(笑)

時間が短くて、もっと見たかったのですが
本来なら来られないところを、来てくれたと聞いて、
ますます運が良かったなぁ~と幸せに思います。
生で見た彼は顔が小さく、足の細さにビックリでした。
また、歌の上手さにもビックリ!とても良かったですね。(^-^)

イベントレポートもお待ちしております!!
by ちい様 (2010-04-19 23:33) 

上野まり子

ちい様

ご訪問ありがとうございます。
私も彼の来日は半ば諦めておりましたので
念願が叶って本当に良かったと思っております。
気さくでキュートで魅力な方でしたね。
素晴らしい歌も聴けて楽しいイベントでした。
イベントレポートはオフィシャル写真が届きましたら掲載予定です。
楽しみにお待ちください。
by 上野まり子 (2010-04-20 01:28) 

すよん

上野さん ありがとうございます!

開場する前 どんな 記者会見してるんだろうと 思ってました!

会場で 上野さん お見かけしました! 本当に来てるーーって
一人興奮してました(笑)。

ナムギルさんが答えた、恋人の好きなシーン。私も好きです。
兄貴の恋人を好きなのに、どうにもならない テサンが良かった。
私なら テサンに乗り換えるはと思いながら見てました♪

熱があって、点滴うちながらと聞き、そんな風には見えなかったのは
さすが 俳優さん?! 次の日も 元気にしか写りませんでした。
(高麗神社で)

写真 素敵です! 
特に マイクのゴムを気にしてる写真なんて 他にはありません(笑)。
こういうところも 好きなところです。。。
今度は 是非 インタビューしてください!!
お願いします!!☆♪


by すよん (2010-04-21 13:00) 

上野まり子

すよん様

ご訪問ありがとうございます。
やっとお会いすることになったキム・ナムギル氏は
やはりとても素敵でしたね。
記者会見でもテサンのようなピダムのような姿を見せてました。
特にマイクのゴムをいじっているところなど、
私としてはやはりテサン的に見えました。
他の記者の皆様は彼に遠慮して掲載なさらなかったのでしょう。
『恋人』日本公式サイト管理者として
彼も許してくれると思いまして掲載しました。
彼のあの日の雰囲気を感じていただけると思います。
具合が悪いと言う話はこの時は一切しておりませんでした。
厳しいドラマ撮影の合間の来日になったようです。
それでも18日のボランティア活動、高麗神社参拝と
精力的に動き、ファンの皆様も彼と近くで会う事が出来て良かったですね。
番組が継続していた必ずインタビューをしていたでしょう。
ちょっと悔しかったです。
その分短い会見の中、2つの質問をさせていただきました。

イベント記事はまもなく掲載となります。
あと少しお待ち下さい


by 上野まり子 (2010-04-22 01:22) 

おちょび

まり子さん、こんばんは。

いや~~~キム・ナムギル氏本当にステキですよね。
少年ぽさと男っぽさが同居していて、まさにピダムそのものって感じたのは私だけでしょうか^^;

「善徳女王」のピダムには何度泣かされたことでしょう。
最終回は号泣でした。
初めはトンマンとユシンの愛がメインになるのかと思っていたら、だんだんピダムの存在が大きくなってきて、あれはまさにキム・ナムギル氏の存在が大きくなったということでしょうね。

彼は映画ではとても難しい役どころが多い俳優さんですよね。
同性愛者や病気の脱獄犯とか・・・・・・。
それも役者として高い評価をうけているからだと思います。

そうそうあとベットシーンも多い?
これはちょっとショックではありますが・・・・・仕方ないですね^^;

年内に入隊ということで、しばらくは会えなくなりますが、過去の映像を繰り返し見て帰りを待つことにします。

彼の他では見られない姿を見せていただきありがとうございました。
by おちょび (2010-04-29 00:02) 

上野まり子

おちょび様

ご訪問ありがとうございます。
記事をお楽しみいただき嬉しいです。

キム・ナムギル氏は大注目の俳優だったので
来日が叶って本当に嬉しかったです。
ピダム、本当に重要な役どころでしたね。

除隊まで来日はお預けですが、
作品でお会いすることにしましょう。

またお越しください。



by 上野まり子 (2010-04-29 02:17) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
上野まり子のアジアン・スターインタビュー