So-net無料ブログ作成

キム・ナムギル ピダムの心で熱唱、『第3回日韓友情フェスタ』イベントレポート [韓国俳優取材REPORT]


スポンサードリンク


こんにちは 上野まり子です。

M-TOP-4347.jpeg

『第3回日韓友情フェスタ』(主催:NPO法人 日韓文化交流会)は4月17日東京の文京シビックホールにて開催された。
出演はドラマ『善徳女王』で大ブレイクしたキム・ナムギル、日本でも活動中の歌手POSITION、そして小さなオーケストラとして人気があり、数々の韓流コンサートで演奏している管弦楽団パラダン。会場には公式イベント初となるキム・ナムギル氏やPOSITION氏のファンなど多くの観客が招待された。



NPO法人日韓文化交流会主催の『日韓友情フェスタ』の思い出のシーンや『日韓文化フォーラム』、韓国ドラマやMV、俳優の写真集の撮影などのコーディネイト等さまざまな活動を紹介する映像が流れ、協会からのメッセージが届けられた。
さてイベントは小さなオーケストラとして人気の管弦楽団パラダンの、ドラマ『善徳女王』「♪メインテーマ」と「♪アラロ」の演奏でスタートした。スクリーンには『善徳女王』のピダムの名シーンが映し出された。続いて歴史ドラマのテーマをメドレーで演奏する「♪歴史物語」。ドラマ『朱蒙』、『ファンジニ』、『王と私』、『太王四神記』、『イサン』、『チャングムの誓い』等ドラマの世界を音で繰り広げた。

OF-1097POSITION.jpeg

続いてパラダンの「♪なつめの木」の演奏でPOSITION氏登場。「♪I love You」と並ぶ彼のもうひとつの日本のカバー曲「♪Blue Day」、浜田省吾の「♪もうひとつの土曜日」だ。
続いてドラマ『ソドンヨ』テーマ曲「♪へミル」。“コンニチハ、ポジションデス。”と日本語で挨拶した彼は緊張しているからお水を一杯とゴクリ。パラダンの演奏は涙が出るほど美しいと共演を楽しんだようだ。京都でのディナーショーや沖縄でファンミーティングを開催した等近況を報告、また4年ぶりに秋には韓国でアルバムをリリースする予定でそれに伴ってコンサートも行うと紹介した。
さてライブは尾崎豊の曲を韓国語でカバーして大ヒットした「♪I Love You」を韓国語と日本語で。その穏やかで広々とした歌声で会場を魅了した。チャリティー活動について日ごろ子供達のために何をしてきたか、何が出来るかと自問したが、歌を通じて愛を伝えて行きたい、良い機会を与えられ感謝していると語って一旦ステージを後にした。もちろん会場からはアンコールの握手が送られ、拍手が止む前に急いで出てきたと冗談を言いながら再登場した。アンコールに応え「♪なつめの木」を日本語で披露した。その後ファンから寄せ書きされたメッセージ幕が贈呈された。



スクリーンにはお待ち兼ねのキム・ナムギル氏自ら“ずっと楽しみにしていました。”とのビデオメッセージ。続いてファン達に見送られて出発したボランティアの様子。またラスベガスでの撮影風景等が映し出された。そこには飾らない彼の姿があった。特に寝起きのシーンなどファン垂涎のシーンが盛りだくさんだ。

M-1-4345.jpeg
M-1-4227.jpeg

ロックのリズムでついにキム・ナムギル氏が登場となった。嬉しそうな笑顔を見せ“お会い出来て嬉しい、韓国でファンミーティングをしているようだ。”と挨拶した彼、会場からは待ちわびたファンの大きな歓声が上がった。ここでイベント前に練習したせりふをキム・ナムギル氏へプレゼント。彼も“僕も愛してる!”とポーズも取る。会場から笑いがこぼれると“ナンダヨー!”と日本語。その姿もキュートだ。前日には多くのマスコミのインタビューを受けたが、今日皆さんに会えると思うと緊張で眠れなかったと彼、2F席からの“モシッソヨー!(かっこいいー!)”の声には“アリガトウ”と日本語で応えた。また2F席から下げられた応援幕を見つけて嬉しそうに指差した。

OF-2-0105kim.jpeg

さてトークタイム。
Q:『善徳女王』ピダム役のオファーを受けた時の気持ちは?
A:(“チョット、スミマセン!”とお水を一口含んで)歴史物は初めてだったが高い評価を受けた。現代物のように演じた為逆に拒否反応が起きないか心配した。
(通訳の間、後ろに映った自分の姿を見ようと苦心する彼、本人がスクリーンを見れば、スクリーンにはスクリーンを見ている彼の姿が映る訳で、それはなかなか難しい。それでも何とか見ようとする姿はピダムや『恋人』のテサンを思い出す。)
Q:撮影エピソードは?
A:62話と長かったがその中で3つを選ぶとしたら<育ての親ムンノの死><母ミシルの死><自身ピダムの死>。他の歴史ドラマほど悲劇的な生涯ではなかっただろう。
(少しネタばれ、それを指摘された彼、<えっ、参ったな!>という表情を見せた。)
Q:撮影中のモチベーションの維持は?
A:食べて行かなきゃ!韓国はハングリー精神で。
(可愛い笑顔でなんとも彼らしい答え。)
Q:共演者との撮影エピソードは?
A:5,6ヶ月寝起きを共にしたことで家族のようだった。車の中で雑魚寝をするほど仲が良かった。
Q:『善徳女王』のピダムはあなたにとってどんな役だったか?
A:自分の全てを注いでやらなければならない作品で、責任感を感じさせる役どころだった。演じられて嬉しい、感謝している。

ここでキム・ナムギル氏は会場中央に来場していた『善徳女王』チーフプロデューサーのイ・チャンソク氏をこの作品に出会わせてくれた恩人だと紹介、会場からは大人気作品のプロデューサーへ満場の拍手が送られた。
Q:撮影中の健康維持は?
A:イ・チャンソクプローデューサーは俳優の健康を一番に考えてくれる人で、タイトなスケジュールの中、台本を直したり、環境を整えたりと多くの配慮をしてくれた。韓国では俳優にこれほど配慮するPDは珍しい。

キム・ナムギル氏は2010年1月6日から約1週間、地震に見舞われ、大きな被害が出たインドネシアのスマトラ島で被害復旧のボランティアをしている。
Q:スマトラでの地震復旧活動に参加した理由は?
A:韓国では小児麻痺を煩っている子供たちを助けているが、自国にも助けが必要な人がいるのにと海外でのボランティア活動には否定的だった。だが韓国よりも貧しい国があることを知り、夢や希望を失くしてほしくないと参加することになった。今日のイベントの事も<True Cafe>(キム・ナムギル氏ファンカフェ名)で一緒に参加しようと呼びかけた。
ところでファンカフェの会員を娘たちと呼ぶキム・ナムギル氏、その理由を、ファンカフェは家族のようなもの、自分は家長にあたるのでお父さん(アッパー)だ。そこでカフェのメンバーは娘たちと言うことになる。“僕より年上の人もいるけどね!”と彼、大きな笑いを誘った。
Q:今回のチャリティー、<ワンコイン運動>について
A:ワンコインという負担にならない小額で多くの良いことが出来る、素晴らしいことではないか。
この答えへの会場からの拍手にペコリとお辞儀をした彼だが、ここは拍手をするところではないときっぱりと言う。そこにキム・ナムギル氏の清清しい姿勢が見えた。
*記事中のトーク部分には現場の様子や私見を合わせてレポートしてある。



ここで恒例のダンスタイム、実は第1回のチェ・スジョン氏も、第2回目のソン・イルグク氏もファンのリクエストに応えている。これには“ナンダョー!”と照れた彼だが、チェ・スジョン先輩がやっているならやらないわけには行かないと得意のタップダンスをほんの少しだけ披露した。軽々とステップを踏んだが“先に言ってよー!”とちょっと照れ隠しに拗ねて見せた。いつかはステージも整え、たっぷりと楽しませてくれることだろう。
キム・ナムギル氏が一旦ステージを去るとスクリーンには『善徳女王』のピダム特選シーンがスペシャル映像として上映された。

◆◆

OF-6-0007kim.jpeg

そして黒いスーツで再登場のキム・ナムギル氏は善徳女王トンマンに捧げる切ない愛の歌「♪愛してはだめですか?」を熱唱。その憂いに満ちた眼差しと歌声、そこにピダムがいるようだ。
真っ赤に染められたステージはピダムの想いなのか。この曲は韓国でオンラインダウンロードサービスチャートNo,1を獲得中で、ドラマと共に高い人気となっている。勿論彼の歌の実力は
≪上手い≫と付け加えておこう。そのほかキム・ナムギル氏はベストジーニスト賞、忠武路の映画人175人によるアンケートでも俳優部門第1位を獲得して、今やアジア全土からの注目度は
最も高い。またCFの出演オファーも殺到していると聞く。
韓流ブームには乗っていないが、アジア文化は韓国と日本が牽引していくだろうと語った。
次回作『悪い男』(邦題『赤と黒』)は持たざる者の欲望と復讐を描いたもので、多くのおばさん俳優と共演すると笑いを誘いながら紹介した。ところで『悪い男』はソ・ジソブ主演『ごめん、愛してる』やヒョンビン主演『雪の女王』などで日本でも良く知られるイ・ミョンミンPD作品で、独立して立ち上げた制作会社グッドストーリーの手になる。すでに来春NHKでの放送が確定しており、製作前の段階での投資決定は珍しく韓国では5月よりSBSにて放送される。

M-3-4210.jpeg
M-3-4266.jpeg
M-3-4277.jpeg
M-3-4263.jpeg

キム・ナムギル氏からのチャリティー募金の贈呈式の後は、恒例のファンからの寄せ書きメッセージ幕がキム・ナムギル氏に贈呈された。メッセージを嬉しそうに読み上げ“これがあれば入隊しても寂しくない。”と感動したようだ。

M-4-4338.jpeg
M-4-4331.jpeg
M-4-4309.jpeg
M-1-4349.jpeg
M-1-4400.jpeg
M-1-4393.jpeg

ここでマスコミ用のフォトセッション、続いてファンにもフォトタイムが設けられ、キム・ナムギル氏は2Fにも手を振りながらステージ左右いっぱいまで移動してファンのカメラも収まった。その嬉しそうな笑顔は飛び切りだった。
この様に意味深い会に招待していただき、またたくさんの皆様の参加にも感謝している。“韓国と日本の力を一つにしてアジアの地から貧困がなくなるその日まで、そして子供たちがいつでも夢を持てるようになるその日まで、力の限り努力していく。”こうして<アイシテマス、アイシテマス!>と繰り返しステージを後にした。
さあ、年内には入隊となるキム・ナムギル氏だが、すでに多くの作品がある他、新たな作品も放送が決定している。2年強と言うファンにとっては少し寂しい時となるが、もう次回の来日が待ち遠しい。“入隊している所に来れば!”と冗談とも付かぬ事を話した彼だが、作品を見ながら帰還を待つことにしよう。

◆◆

OF-6-1047kim.jpeg
OF-6-3292kim.jpeg

キム・ナムギル氏は翌18日には児童福祉施設を訪問し、子供達との交流と親睦を図った後、午後には古より日韓との縁が深い高麗神社を訪問した。

◆◆

【今日の一言】
『善徳女王』の大ヒットで若手No,1の人気となっているキム・ナムギル氏はドラマ『恋人』放送中より注目していた俳優だ。この度奇跡的とも言える来日が実現したのには日ごろから文化交流という観点からチャリティーという立場で韓国アーティストや俳優を招聘し意義深いイベントを行ってきたNPO法人 日韓文化交流会の尽力によるところが大きい。勿論、その趣旨に鑑み韓国政府が特別に許可したことによる。さて彼が記者会見やイベントで話していた国内の状況が必ずしも良い状況にない中、外国の人を助けるのは僭越ではないか。その考えは実は私も少なからず持っていた。またチャリティーやボランティアの土壌について懐疑的であったことも事実だ。それは受ける側の体制にも問題があると思っていたからだ。勿論チャリティーもボランティアも自発的な行動であり、強制されるものではない。ところがそれを受ける側が無料で人材を確保できるからとか、体のよい人集め、資金集めに使ったりするからだ。イベント中にキム・ナムギル氏がここは拍手をする場所ではないと断言したのは潔い言葉だった。チャリティーイベントに招聘されながらも日ごろの考えを正直に述べる、そこに彼の誠実さがにじみ出ている。わが国においても本当の意味のボランティアやチャリティーの精神が根付く事を望みたい。因みに私の妹は当時世界の最極貧国だったバングラディシュで4年におよびボランティア活動に従事していた。私も現地で不足しているものを、ここ東京から送ることで多少の貢献は出来たものと思っている。さてワンコイン運動は彼も言っていたとおり、各自が負担にならない程度の小額を、多くの人が寄付することで貧困地域の子供達の未来に夢と希望を与える事に大きく寄与する。無料招待のこのイベントでも出口でチャリティーBOXに寄付している方たちが大勢いた。意味深いイベント『日韓友情フェスタ』次回の開催も心待ちにしよう。
また数々の活動や楽しいイベント情報は交流会のHP、または会報「ハヌリ」でもご覧いただける。

NPO法人 日韓文化交流会

http://www.japankorea.org/
TEL:050-5538-0304
E-mail info@japankorea.org

【今日の一枚】
イベントでの撮影許可は一般の方の直前に行われた。私が撮影した(C)OFFICE MARIKOというロゴマーク入りの写真はこの時の物である。記事中に挿入したのはレポートをお読み戴くにあたり彼の顔が見えたほうが良いと思ったからで、必ずしもその瞬間の写真ではない。
これからお届けするフォトアルバムは『善徳女王』のピダムを思い起こさせるような写真、そして何気ないけれど、彼らしい表情を見せたところを特集した物だ。それではお楽しみいただこう。

M-5-4355.jpeg
M-5-4329.jpeg
M-5-4370.jpeg
M-5-4340.jpeg
 
M-5-4315.jpeg
 
 


本サイトで掲載されている記事、写真については無断使用・無断複製を禁止いたします
Copyright 2010 OFFICE MARIKO. All Rights Reserved.



スポンサードリンク


nice!(9)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 9

コメント 9

mikarin

イベントに行けなかった組です。
詳しいレポート拝見して、とてもうれしかったです。
ナムギルssiの飾らない笑顔がほんとに素敵ですね。
歌もほんとに上手ですよね。
youtubeで繰り返し繰り返し聞いて、もう覚えてしまいそうです。
生で聞けた方、ホントにうらやましいです・・・
ありがとうございます♪


by mikarin (2010-04-22 22:01) 

Kaiya

初めまして!
いつも上野さんのブログを拝見させて頂いています。

今回はラッキーなことにイベントと高麗神社に行くことができました。
ナムギルさんを初めて見ましたがとても素敵な人でした。

高麗神社でもすっぴんでラフなスタイル、ジージャンがとてもよく似合っていて、小さなお子様に触れ合う姿を見てとても優しい人だと感じました。

お歌はとても上手でライブでも見事に歌っていました。
もっとたくさん歌ってアルバムを出して欲しいくらいです。

素敵な写真と詳しいレポートありがとうございます(^-^)~♪

by Kaiya (2010-04-22 23:49) 

上野まり子

mikarin様

ご訪問ありがとうございます。
お越しになれなかったのは残念でした。
こちらで少しでも味わっていただけたら嬉しいです。
歌は本当に素晴らしかったです。
歌手とも違う、ファンミで歌う俳優ともまったく違うものでした。

次回お会いになれると良いですね。
少し先にはなりそうですが。

またお越しください。

by 上野まり子 (2010-04-23 04:20) 

上野まり子

Kaiya様

ご訪問ありがとうございます。
いつもご覧戴いているとの事嬉しいです。
イベント、高麗神社とお越しになったそうで良かったですね。
高麗神社のほうは残念なながら取材できませんでしたが
写真からとてもフレンドリーな方だったお見受けしました。

歌の実力はたいしたものですね。
歌手とも違う、彼独特の魅力がありました。
アルバム、出来たらよいですね。
それだけの実力も、魅力もありますし、
多くのファンの方がお待ちだと思います。

お楽しみいただき嬉しかったです。
またお越しください。
by 上野まり子 (2010-04-23 04:26) 

ちい様

こんばんわ!

奇跡の来日から1週間、まだ興奮が冷めません。
ナムギルssiの事ばかり考えていた1週間でした。(笑)
今日も会場で買ったCDを聞いて感動がよみがえってきました。
そして、レポートを読んで、またまた思い出して
幸せな気分になりました♪


行けなかった高麗神社参拝の写真が見れて
嬉しかったです。
どんなだったか気になっていたので。。。

これからも、色々な韓流スターのレポートをお願いします!!
by ちい様 (2010-04-24 23:35) 

上野まり子

ちい様 様

ご訪問ありがとうございます。
本当に早いものですね。
私も高麗神社は取材に行っていません。
オフィシャル写真でお楽しみいただきました。
彼の周りには多くのファンが写っていました。
素顔のキム・ナムギル氏も素敵ですね。

これからもお楽しみください。
by 上野まり子 (2010-04-25 00:06) 

バル

上野さん♪

初めてコメントさせて頂きます(←少し緊張!)
ナムギルssiに会いたくて会いたくて、でも遠方でイベントに行けなくて…、でもやっぱり無理してでも行けば良かったと後悔後悔の1週間でした(涙)
上野さんの詳細なレポで、イベントの様子が頭に浮かんできて、心が癒され(またまた涙)
『愛してはダメですか?』を歌ってらっしゃる時の画像が見たかったので、とっても嬉しいです!!
他の写真もどれもとっても素敵~!!
上野さん、素敵なレポほんとに有難うございました。
by バル (2010-04-26 18:15) 

上野まり子

パル様

ご訪問ありがとうございます。
キム・ナムギル氏にお会いになれなかったのは残念でしたが
記事でお楽しみいただいた様で嬉しいです。
「♪愛してはダメですか?」もとても素敵でした。
次回の来日は除隊後になると思いますが
その時にお会いになれたら良いですね。
またお越しください。
by 上野まり子 (2010-04-27 03:59) 

のんちゃん

こんばんは
以前韓国ドラマ「恋人」のサイトで、時々おじゃまさせて頂いていたのんちゃんです。
私と主人で「次にブレイクするのは、この子だね」って話しているってコメントさせていただいて、まり子さんもそう思ってくださってて、すごく嬉しかったです。
(その時は、管理人様としてコメントして頂いてましたけど)

ほんとにそうなりましたね~

今回のイベントも行きたかったのですが、遠いので行けませんでした。
でも、こうやって詳しいレポートや写真を掲載して頂いて、雰囲気だけでも味わえました。有難うございます。

この先も新作ドラマ撮影中との事なので、楽しみです。
by のんちゃん (2010-04-29 23:01) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
上野まり子のアジアン・スターインタビュー