So-net無料ブログ作成

ソ・ジソブら登壇で『ロードナンバーワン』プレミア試写会舞台挨拶レポート [韓国俳優取材REPORT]


スポンサードリンク



M-SS-3625 450.jpeg

こんにちは 上野まり子です。
WOWOWは2011年10月のテレビの完全デジタル化に際し、フルタイム・フルハイビジョン・3チャンネルでの放送をスタートさせる。
昨年から開催されている「WOW FES!」が今年も10月23日より更にパワーアップして開催中だ。今年のテーマは「Your Choice」、世界中から選りすぐりの番組を<Choice>して放送するワールドワイドなチャンネル「WOWOW」を<Choice>していただき、3チャンネル化により<choice>する楽しみを味わっていただこうというものだ。
数多くのイベント中から取材で届けするのは10月24日に開催されたドラマ『ロードナンバーワン』プレミア試写会の舞台挨拶の模様。

bamenJ+H1.jpeg
©LOGOS FILM / MBC

11月5日(金)から放送がスタートするドラマ『ロードナンバーワン』は総製作費130億ウォン、ソ・ジソブ、キム・ハヌル、ユン・ゲサンという豪華キャスト、さらに『天国の階段』、『美しき日々』のイ・ジャンス監督、「犬とオオカミの時間」のキム・ジンミン監督という二人の名匠のW演出による意欲作だ。切なくも激しい愛の描写をイ監督が、迫真の戦闘シーンをキム監督が主に担当し、韓国ドラマには珍しい完全事前製作で格調高い壮大なドラマを完成させた。

WOWOWの契約者からの申込みにより抽選で150組300名が招待されて行なわれたプレミア試写会への応募は「WOW FES!2010」最多の9000件に登った。
スペシャルゲストとして舞台挨拶に登壇したイ・ジャンス監督、ソ・ジソブ氏、キム・ハヌルさん、ユン・ゲサン氏は大きな拍手と歓声で迎えられた。

M-K-3549.jpeg

まずはイ・ジャンス監督がお越し戴き感謝する。この熱気をそのまま『ロードナンバーワン』を観る方に向けて戴きたいと挨拶。

M-S1-3556.jpeg
M-S1-3569.jpeg

続いてソ・ジソブ氏はお会い出来て嬉しい、イ・ジャンウを演じた。素晴らしい『ロードナンバーワン』というドラマで皆様の前に立てる事はとても嬉しいと挨拶し、今とてもワクワクしていると目を輝かせた。

M-K-3536.jpeg

キム・ハヌルさんはお久しぶりですと挨拶、素晴らしいドラマでまた皆様にお目に掛かれて嬉しいとした。

M-Y-3600.jpeg

ユン・ゲサン氏も『ロードナンバーワン』で皆様にお目にかかれて光栄だと挨拶した。

この作品は朝鮮戦争を背景に愛情と友情が育まれていく姿を描いていく。人は信じて愛し続ければ、望みはいつか必ず叶うという事を描いたと最も重視した点について話したイ監督。

M-S2-3565.jpeg
M-S2-3568.jpeg

スケールの大きさだけではなく、その内容も豊かだ、期待してほしいとソ・ジソブ氏。また実際の放送を観て改めて感動で胸がいっぱいになった。自分達が苦労して作り上げた事を実感したと振り返った。愛を貫くジャンウの姿は、愛するただ一人を見つめ続け、待ち続ける点で自分と似ている。その点は演じる際に助けになったとソ・ジソブ氏。

M-S-3660.jpeg

自身も“ず~っと待ち続けています、(まだ見ぬ)誰かを”と笑顔を見せた。

M-H-3682.jpeg

厳しい撮影だったこのドラマ、一番過酷だったのは?と訊かれたキム・ハヌルさんは全てのシーンは体力的にハードだったが、今振り返るとスヨンというキャラクターの内面の深さを演じる事が一番難しかったと答えた。
話題となったキスシーンだが、多くなかった?には“ハイ、そうです。”と答えたキム・ハヌルさん。実はこれまで出演した全作品でのキスシーン総数より、この作品でのキスシーンが多かったとトークショーで告白している。
大変だったというより喜んでいたのではと言い出したのはイ監督。

M-S-3664.jpeg

それに対して嬉しくもあり、大変でもありと気の利いた答え方をしたソ・ジソブ氏。

M-H-3582.jpeg

キム・ハヌルさんは女性なら誰もが夢見るドラマチックなキスシーンに仕上がったと振り返る。その時スクリーンにはそんな二人の濃厚なキスシーンが映し出された。
ところで人気男優二人の素顔は?と訊かれた彼女、初共演となったソ・ジソブ氏については、やはりジャンウと似てとても頼もしく、演技に対し情熱的であり周りにも気遣いを忘れない。演技に集中し易い環境を作って戴いたとした。またすでに共演の経験を持つユン・ゲサン氏とはリラックスして演じられたとした。

M-Y-3614.jpeg

これまでの可愛らしく、ソフトなイメージとは違うキャラクターを演じたユン・ゲサン氏はカリスマのある役柄で演じきれるかどうか最初は不安だったが、上手く出来たと思うとその独特のお茶目な笑顔を見せた。会場からの大きな拍手に丁寧なお辞儀で応えた。

M-K-3712.jpeg

さてこのドラマは韓国の通常のドラマ制作とは違い完全事前製作という事でも話題となった。その撮影の順番に関しても1話から順を追ってではなかったという。
朝鮮戦争を、四季を通じて描くこのドラマ、最初の撮影は冬季となった。その後、春、夏、秋という順に撮影が行なわれた。つまりドラマ終盤を先に撮影したことになる。1・2話の撮影は後半だった為、完成度の高い演技が撮れたと監督。

M-S-3610.jpeg

また激しい戦闘シーンで怪我が絶えなかったというキャスト達。爆破シーンの撮影で破片が目に入ってしまい病院通いをしながら撮影に臨んだソ・ジソブ氏は“今はダイジョウブデス。”と韓国語と日本語を混ぜて答えた。ヘルメットの下から覗く目が綺麗という言葉には“アリガトウゴザイマス。”と美しい日本語と共に丁寧にお辞儀した。

M-H-3578.jpeg

キム・ハヌルさんも痣だらけだったという。

M-Y-3686.jpeg

実物のダイナマイトを使っての撮影でとても危険な状況下での撮影、破片が手に刺さって傷だらけだったというユン・ゲサン氏。しかし放送を観ると手に残る傷も光栄だと思えるようになったとした。その言葉に会場からは大きな拍手が贈られた。

M-K-3716.jpeg

さてそのように危険と困難の中、撮影に臨んだ3人の俳優のキャスティングについて、作品の良さと僕の魅力で出演を決めたのだろうと冗談交じりの監督の言葉。

bamenJ.jpeg
©LOGOS FILM / MBC

イ監督が最初に選んだのはソ・ジソブ氏、彼が出演を受諾してくれなかったらこのドラマは撮影しないと心に決めて交渉に当たったという。幸い良い返事を貰ったが、良いドラマと良い監督だったからだろうと繰り返す。それにしても凄い惚れ込みようだ。

bamenY+H.jpeg
©LOGOS FILM / MBC

キム・ハヌルさんへは一年掛りで事あるごとに交渉を繰り返したという。またテホ役はユン・ゲサン氏をおいてないだろうと思ったという熱の入れようだ。その想いはドラマが完成した今でも変わらないという。
一通り質問が終わったところでフォトセッションとなった。

M-SS-3624.jpeg
M-SS-3631.jpeg
M-S-3526.jpeg
M-H-3527.jpeg
M-Y-3528.jpeg

朝鮮戦争が始まった頃を時代背景として愛情と友情の約束が描かれたドラマ『ロードナンバーワン』、WOWOWを通じて最後まで楽しんでご覧戴ける事を期待するとの監督の最後のメッセージで舞台挨拶は終了した。

会場ではこのあと第1話「狂い始めた歯車」がプレミア上映された。また同じく第1話が先行無料放送された。



M-S-3570.jpeg

“このドラマは戦争アクションではない。”と繰り返す主演のソ・ジソブ氏。戦争という極限下で繰り広げられる、愛と憎しみ、そして友情を描く、激しくも熱い人間ドラマ『ロードナンバーワン』。

bamenJ-H3.jpeg
©LOGOS FILM / MBC

bamenJ-Y.jpeg
©LOGOS FILM / MBC

イ・ジャンス監督はテーマは愛と友情の約束、希望のメッセージだと断言する。戦争を通して変わるものと変わらないもの、そこに注目してほしいと。主題歌を歌うのは元Fly To The Skyのファニ。その他R&Bシンガーのフィソン、<OSTの女王>ペク・ジヨン、女性シンガーNaomiと実力派が顔を揃えるオリジナルサウンドも魅力だ。そして何よりソ・ジソブ自身も挿入歌「♪The Sound Of Memory」でその歌声を披露しているのも大きな魅力だ。

◆◆

韓国ドラマ『 ロードナンバーワン 』

main.jpeg
©LOGOS FILM / MBC


【放送案内】
11月5日(金)WOWOWで放送スタート
毎週金曜日 19:00~
再放送毎週木曜日 11:30~
*2話ずつ放送

WOWOW 『ロードナンバーワン』公式ページ

http://www.wowow.co.jp/drama/road/


【作品紹介】
2010年 韓国

監督:イ・ジャンス、キム・ジンミン
出演
ソ・ジソブ  ドラマ『カインとアベル』や映画『ソフィーの復讐』、『映画は映画だ』
キム・ハヌル ドラマ『オンエアー』や映画『同い年の家庭教師』、『6年目も恋愛中』
ユン・ゲサン ドラマ『トリプル』や映画『6年目も恋愛中』

【イントロダクション】
朝鮮戦争勃発から60年、今も南北が分断状態のまま軍事的緊張が続いている朝鮮半島。朝鮮戦争60周年に合わせて企画され、130億ウォンもの製作費を注ぎ、洛東江防衛戦、仁川上陸作戦など実際の戦いをリアルに再現し、その激戦とそこで繰り広げられた人間模様を徹底的かつリアルに再現した、愛と感動のドラマ。

【ストーリー】
幼い頃から同じ村で育ち、お互い淡い恋心を抱いてきた貧しい農家出身のジャンウと良家の子女スヨン。スヨンの学費を稼ぐために、職業軍人になったジャンウはただひたすらにスヨンを愛し続ける。<スヨンは本当に自分を愛しているのか>という疑惑を胸に、やがて地獄のような戦場でジャンウと友情を結んでいくことになるテホ。そんな二人の男に愛されつつ、家族への責任や医者としての使命との板挟みに苦悩するスヨン…。
ある日、ジャンウが戦死したとの報せがスヨンに届く。絶望したスヨンはエリート将校のテホのプロポーズを受け入れてしまう。しかし結婚式前日、スヨンの元に…。
戦争によって運命を引き裂かれた彼らが、60年間守り抜いた愛と友情の約束とは。



「WOW FES!2010」公式ページ

http://wowfes.wowow.co.jp/

WOWOW公式ページ
http://www.wowow.co.jp/

【今日の一枚】

M-SPH-3562.jpeg

 

【当サイト内関連ページ】
http://uenomariko.blog.so-net.ne.jp/2010-09-05
http://uenomariko.blog.so-net.ne.jp/2010-05-12
http://uenomariko.blog.so-net.ne.jp/2010-07-10
http://uenomariko.blog.so-net.ne.jp/2010-07-12

 

本サイトで掲載されている記事、写真については無断使用・無断複製を禁止いたします。
Copyright 2010 OFFICE MARIKO. All Rights Reserved.


スポンサードリンク


nice!(25)  コメント(14)  トラックバック(2) 
共通テーマ:テレビ

nice! 25

コメント 14

tubana

まり子さん、こんにちは。

わぁ~~溜息、ためいき、です。

本当に魅力的な役者さんが揃っていて
早く見たいです。

「今日の一枚」、いいですねぇ。

いつも有難うございます。
by tubana (2010-10-25 13:38) 

上野まり子

tubaba様

ご訪問ありがとうございます。
出演者渾身の演技を見せています。
楽しみにご覧ください。

またお越し下さい。
by 上野まり子 (2010-10-25 18:52) 

ハルハル♪

上野まり子さま、ありがとうございます!
レポを読んでいてまた胸が熱くなりました。

『ロードナンバーワン』はすでに韓国の放送と
M-netで字幕版も観ていますが・・・
観ているからこそ、昨日の出演者の皆様の言葉の重みを感じますし、
それを的確に伝えてくださるまり子様に感謝ですーーー!

本当に素晴らしいドラマなのでお一人でも多くの方に観ていただきたい気持ちです。

さっそくトラックバックさせていただきますね\(^o^)/

by ハルハル♪ (2010-10-25 21:42) 

チャイ子

まり子さん こんばんは☆

詳しいレポ、素敵な写真達。。。 ありがとうございます♪
ジソブssi が、元気な姿を見せてくれるかどうか心配していましたが…
笑顔をくれたジソブssi を見て、安心しました。。

『ロードナンバーワン』・・・ まだ全編を見ていないのに、今でもすでに
胸に込み上げてくるものがあります。
一話 一話、じっくりと大切に見たいと思いました☆

私も会場で、ジソブssi に会いたかったです。。

まり子さん! ステキなジソブssi 情報、いつもありがとうございます♪


by チャイ子 (2010-10-25 22:08) 

mimoz

こんにちわ
いつも素敵なジソブ氏を紹介して頂いて本当にありがとうございます。
写真もいっぱいで嬉しいです。
インタビューは出来なかったんですね、ちょっと残念ですが
次回を期待しています。
by mimoz (2010-10-26 10:12) 

サリー

はじめまして トークショーも試写会も外れてしまいましたが wowowでの生放送で 素敵なトークショーを観ることが出来・・そのまま作品
一話を観ることが出来ました。

本当に 胸がいっぱいになりました。 人間味を感じる 何とも言えないソ・ジソブさんの瞳・・・本当に 不思議な力を感じます。

素敵なレポを読ませて頂き 何倍も楽しめると思います。 ゆっくり じっくり観させて頂きたいと思っております。

ありがとうございました。

いつか 歩いてみたいです・・・
by サリー (2010-10-26 16:23) 

kanari

はじめまして、こんにちは

幸運にも当日舞台挨拶に参加した者ですが

WOWOWの応募件数が違っていませんでしょうか?
私は司会の方が8000件とおっしゃったのを
記憶しております。


by kanari (2010-10-26 17:04) 

上野まり子

ハルハル♪様

ご訪問ありがとうございます。
ファンの方は韓国放送版も日本初放送も
ご覧になっているかもしれませんが、
WOWOWの放送で、
初めてご覧になる方もいらっしゃると思います。
多くの方にご覧になっていただきたいです。
トラックバックもありがとうございます。

またお越しください。
by 上野まり子 (2010-10-27 00:15) 

上野まり子

チャイ子様

ご訪問ありがとうございます。
1シーン、1シーン大切に製作されたドラマだと思います。
WOWOWの放送でお楽しみください。

久しぶりのソ・ジソブ氏取材でした。
素敵なお姿をお伝えできて嬉しいです。

またお越しください。


by 上野まり子 (2010-10-27 00:20) 

上野まり子

サリー様

ご訪問ありがとうございました。
トークショーの取材は出来ませんでしたが、
拝見しておりました。
ソ・ジソブ氏は絶えず来場の皆様に手を振っていましたね。

彼の瞳には吸い込まれる様だといわれますが、
実際近くで拝見していても瞳の奥まで澄んでいて深い感じでした。
WOWOWでの放送お楽しみに!

またお越し下さい。
by 上野まり子 (2010-10-27 00:31) 

上野まり子

kanari 様

ご訪問ありがとうございます。
確かに司会の方は8000とおっしゃっていました。
私どもの取材陣へのリリースには最終の数字として9000という数が
発表になっております。
司会の方との打ち合わせの時点では8000だったのかも知れませんね。
なお、司会の方は放送開始を10月4日とおっしゃっておりましたが
本編放送スタートは10月5日と発表されております。

取材レポートとしては当日の通りにお伝えすべきかもしれませんが、
主催者から発表されたリリースの数字を掲載いたしました。
何卒ご了承くださいませ。


by 上野まり子 (2010-10-27 01:02) 

上野まり子

mimoz様

ご訪問ありがとうございます。
残念ながら番組を持っておりませんので
インタビューは致しませんでした。
いつか、またインタビューをお届けできたら良いですね。

またお越しください。
by 上野まり子 (2010-10-27 01:50) 

kanari

上野まり子様

お忙しいところ早速のお返事ありがとうございました。

参加できなかった友達に当日私が聞いた数字を報告してしまった為
こちらに、9000人とあるので私の記憶違いかと
モヤモヤしておりました。

これで、解決できましたので

突然の訪問、いきなりの質問にお返事いただき
ありがとうございました!


by kanari (2010-10-28 18:16) 

上野まり子

kanari様

ご訪問ありがとうございます。
ご理解頂き良かったです。

またお越しください。
by 上野まり子 (2010-10-28 20:53) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

トラックバックの受付は締め切りました
上野まり子のアジアン・スターインタビュー