So-net無料ブログ作成

ソン・スンホン、キム・テヒ、BEASTなど出演で一足早いクリスマス。「マイ・プリンセスX'masコンサート」 [韓国俳優取材REPORT]


スポンサードリンク



OF-MyP-6-TOP.jpg

こんにちは 上野まり子です。
韓国ドラマ『マイ・プリンセス』、この夏にはフジテレビ韓流αでも放送されたラブコメディーの人気作品だ。主演のソン・スンホン、キム・テヒ、共演リュ・スヨン、イ・ギグァン(BEAST)が来日、BEASTのメンバーも参加して『マイプリンセスクリスマスコンサート』が12月17日(土)国立代々木第1体育館にて開催された。


辺りがすっかり暗くなった国立代々木第1体育館前、開催時間になってもまだ入場が完了しないほど多くのファンが集まった。アリーナ、1F、2Fを埋め尽くした観客、気分はすでにX’masイブという感じ。

OF-MyP-2B.jpg

イ・ギグァン氏、リュ・スヨン氏が登場、続いて中央上段から今日の主役ソン・スンホン氏がキム・テヒさんをエスコートして姿を現した。それぞれ日本語でご挨拶したが、イ・ギグァン氏への歓声は一段と大きく、K-POPの人気の高さを改めて実感させた。早速クリスマスのエピソードでトークタイム。
リュ・スヨン氏は8年前の恋人とのデートの思い出を。キム・テヒさんはデビュー以来撮影現場でスタッフや共演者と過ごしているそうで、今年も日本のドラマに出演中の彼女は日本の撮影現場でクリスマスを過ごすことになりそうだ。去年のクリスマスはこのドラマの撮影中だったというソン・スンホン氏は、幼い頃に心の中だけで願ったプレゼントが届き、それ以来サンタは実在すると信じているとロマンチスト?だ。イ・ギグァン氏は家族と暖かく過ごす、“皆さんもそうして!”とお勧めだ。

さてここからはBEASTのステージ。足を怪我しているイ・ギグァン氏を除く5名での力強い歌とダンスパフォーマンスでさすが野獣(BEAST)に相応しい。

ステージはキャストが揃ってドラマの1シーンの再現。人待ち顔に時計を気にするリュ・スヨン、そこに登場は皇女キム・テヒ。ところが“皇女様、お勉強のお時間ですよ!”と登場のソン・スンホン。とてもプロの俳優とは思えない演技は日本語だった為でご愛嬌。それでも会場はその微笑ましい演技に拍手となった。

ドラマ紹介映像のあとは再び出演者が揃い、<マイ・フォト・プリンセス>コーナー。
ドラマでの印象に残るシーンや小物を題材にしてのトークタイムだ。
ソン・スンホン氏が選んだシーンは朝寝坊の皇女を噴水に投げ入れるシーン。室内での撮影だったが、寒かったのでキム・テヒさんは大変だっただろうとねぎらう。キム・テヒさんが選んだのは皇女のアルバイトで時代衣装を着たシーン。位が高い人のかつらは大きく重いため辛かったと彼女、今後時代劇への出演はかつらが小さい身分の低い人物に限ってと笑いを誘った。リュ・スヨン氏は香り付のラブレターを受け取ってのシーン。その香りを表現するのが難しかったと言う。ギグァン氏は、皇女の代役となってベッドで撮影したシーン。頭には可愛いリボンのついたカチューシャ。より楽しく見えるようにと言うギグァン氏に“最近女性用のパジャマを集めているという噂だけど!”とソン・スンホン氏。

続いては<あの人の裏話>コーナー。共演者の裏話をリークしあうというもの。
キム・テヒさんの豪快な食べっぷりや、ソン・スンホン氏がお菓子を独り占めしたり、生にんじんをかじっていたことなどがリークされ、肌の為に必要だと言い訳。ソン・スンホン氏、リュ・スヨン氏の悪戯好きぶりもリークされ、大いに盛り上がった。

高校生が一夜にして皇女になったストーリーに因んで、一夜で俳優以外のものになれるとしたら?というお題で絵を描くコーナー。スンホン氏はダンディーに、リュ・スヨン氏は真面目に、キム・テヒさんは一生懸命、イ・ギグァン氏は可愛らしくキャンバスに向かい、其々の性格が良く現れている。リュ・スヨン氏は自転車で世界旅行を。キム・テヒさんは幼い頃の夢だったピアニストで鍵盤と♪を。ギグァン氏は棒人間に筋肉のつもりのお饅頭大の力瘤が彼方此方に。実は子どもの頃の夢はサッカー選手。スンホン氏は子供の頃にホテルの美味しそうな食事に感激したからと自身の名前を付けたホテルと大好きだったスーパーマンの絵。

ギグァンソロトークコーナーはドラマに出てきたウィンクの再現。“短いから良く見てね!”と口を大きく開けての可愛いウィンク。それには会場も大歓声だ。BEASTのメンバーも出てきて新曲「♪フィクション」などを披露。ギグァンもヴォーカルで参加した。

ソン・スンホン氏、キム・テヒさんの秘蔵写真でのトークタイム。スンホン氏の幼い頃の写真は三輪車に乗っている姿。この後こけて顔を擦りむいたとエピソードを語るが、今だったら大事になっていた事だろう。また釣り上げたフナを手にご満悦な笑顔。まつげが長いことをからかわれていやだった話も。実はこのドラマの中にもそんなせりふが出てくる。キム・テヒさんはすでにきりりとした目つきの幼稚園卒業写真。男の子を叩いて回っていたとおてんば振りを告白。その後、モデルとしてスカウトされ、芸能界で生きるべきか進路を悩んだ時期もあったと美しい写真を見ながら思い出を語った。

OF-MyP-3.jpg

次のコーナーは宮廷料理人コニに戻ったギグァン氏の登場。その場でツナ丼を作ることに。”早くして!“とせがむスンホン氏、出来上がるとテヒさんに食べさせてあげた。勿論テヒさんもスンホン氏にア~ン。
リュ・スヨン氏のトークタイムでは、「マイ・プリンセス」が除隊後初出演した意義深い作品、ドラマのヒットのお陰でこうして皆さんにもお目にかかれたと感謝の気持ちを込めて歌のプレゼント。歌手ではないが一生懸命準備してきたという彼の誠実さが良く現れている。

OF-MyP-4.jpg

キム・テヒさんのトークタイムではソルの笑顔が幸せにしてくれた。皆さんの声援が元気の源、大きな幸福とエネルギーになると感謝。彼女も上手いとは言えないが可愛らしく歌を披露。ソルに憧れる。そうありたいと思っているとキム・テヒさん。
ソン・スンホン氏は『マイ・プリンセス』は愛に満ちたドラマ、皆さんの心に永く残れば嬉しいとメッセージした。

OF-MyP-5.jpg
OF-MyP-1.jpg

BEASTのメンバーのステージに続き、クリスマスソングをメドレーで歌い継いだ出演者達、最後に全員で“メリー・クリスマス!素敵なクリスマスを!”と一足早いクリスマスイベント「マイ・プリンセスクリスマスコンサート」は終演となった。(写真提供:主催者)

【イベント概要】

「マイ・プリンセス クリスマスコンサート」
2011年12月17日(土)
国立代々木競技場第一体育館 2回公演
主催:フジテレビジョン/アンジェリック/韓流ぴあ/PROMAX/DISKGARAGE
企画:CURTAINCALLMEDIA/ANGELIQUE

総制作費70億ウォンを費やしたロマンチックラブコメディー『マイ・プリンセス』。
詳しくはフジテレビ 韓流α『マイ・プリンセス』公式ページで。
http://www.fujitv.co.jp/hanryu/myprincess/

本サイトで掲載されている記事、写真の無断使用・無断複製を禁止いたします。
Copyright 2011 OFFICE MARIKO. All Rights Reserved.

 



スポンサードリンク


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
上野まり子のアジアン・スターインタビュー