So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

チャン・イーモウ監督映画『妻への家路』3月6日(金)公開 [映画紹介]


スポンサードリンク


logo300.jpg
main400.jpg
(C) 2014, Le Vision Pictures Co.,Ltd. All Rights Reserved
2015年3月6日(金)
TOHOシネマズ シャンテほか全国順次公開



こんにちは 上野まり子です。
チャン・イーモウ監督作品『妻への家路』が3月6日(金)公開となる。主演の妻馮婉玉(フォン・ワンイー)役はコン・リー、イーモウ監督と8年ぶりにタッグを組んだ。夫陸焉識(ルー・イエンシー)役は中国最高の俳優と監督が絶賛するチェン・ダオミン。二人のキャスティングは最初から予定したもので、「彼らはキャラクターを演じることを遥かに超えた素晴らしい貢献をした」と監督が感謝を述べる程、二人も監督の期待に充分に応えた。


上野まり子のアジアンスタービュー

 引き裂かれた20年という歳月の心労により、夫の姿や顔を忘れてしまうという難しい役に挑戦したコン・リーは“生活体験”と呼ぶ、実際にこの病を患った人を体感し、臨んだ。“俳優ならだれでも当然やるべきこと”とする監督との習慣だと言う。また見た目の扮装は一つの手段に過ぎず、内なる演技でキャラクターを演じるのが優秀な役者の証だと語る監督。リー自身も演じるのは難しく、不可能な任務に挑んでいる気持だったと振り返る。チェン・ダオミンは歴史の悲しみに引きずられない素晴らしい映画だと語る。二人の娘丹丹役には新人チャン・ホエウェン。「彼女の輝く瞳は、若き紅衛兵のオーラがあった」と振り返る監督は、文化大革命が終了した後を描いた映画後半では彼女の目の変化が重要だったと語っている。


 原作はイーモウ監督が初めて読んだ時大きな感銘を受けたというゲリン・ヤンの小説。文化大革命の社会的背景や人物を熟知した監督にとって、映画化は自然の流れだったという。しかし、今の中国においては未だデリケートな問題をはらんでおり、小説の全体を描くことは難しいと判断したイーモウ監督は、家に帰る小説のエピローグを映画の始まりとし、全体の歴
史的背景は登場人物のせりふ等に凝縮する控えめだが、含蓄ある境地を描く中国式手法を採った。若い頃の情熱と熟知した技術の両方を動員したと話す監督は、観客に物語の裏側にある感情を忘れないでほしいと願う。


 文化大革命で引き裂かれた夫婦が20年ぶりに解放され再会するのだが、待ちわびた妻はその心労のため記憶喪失となり、愛する夫の姿や顔だけを忘れてしまう。夫は妻に自分を思い出してほしいと娘の協力を得て奮闘する。思い出してほしいと収容所で書き溜めた妻への何百通もの手紙を読み上げる夫、だが妻はそれが夫本人だともわからない。
「5日に帰る」と書かれた夫から手紙に、再会への期待を胸に駅でひたすら夫の帰りを待つ妻。そのそばにいつも寄り添うのは夫なのだが。果たして彼女の記憶が戻る日は来るのか…。
この世で最も切ない夫婦の愛の物語、中国映画『妻への家路』。今週末3月6日(金)公開。


【今日の一言】
「愛」のあり方について考えさせられた。年を重ねた方にこそ観てほしい作品だ。
あなたが愛するすべての人々への想いとともに。
上野まり子のアジアンスタービュー



cominghome-poster.jpg
(C) 2014, Le Vision Pictures Co.,Ltd. All Rights Reserved
2015年3月6日(金)
TOHOシネマズ シャンテほか全国順次公開


【作品概要】
『妻への家路』
原題:歸来、COMING HOME
2014年 中国
カラー/110分/シネスコ/5.1chデジタル/字幕翻訳:水野衛子
監督チャン・イーモウ『初恋のきた道』『単騎、千里を走る。』 
脚本:ヅォウ・ジンジー『単騎、千里を走る。』
出演:チェン・ダオミン 『HERO』、
   コン・リー『シャンハイ』、
   チャン・ホエウェン
配給 ギャガ
(C) 2014, Le Vision Pictures Co.,Ltd. All Rights Reserved
HP





本サイトで掲載されている記事、写真の無断使用・無断複製を禁止いたします。
Copyright 2014 OFFICE MARIKO. All Rights Reserved.


スポンサードリンク


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
上野まり子のアジアン・スターインタビュー