So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

チョン・ジュニョン待望の単独公演開催@Zepp Diver City TOKYO [韓国俳優取材REPORT]


スポンサードリンク



JJYBAND01-s.jpg

 こんにちは 上野まり子です。
チョン・ジュニョン待望の日本単独公演「JUNG JOON YOUNG BAND LIVE&TALK 2015”ATTENTION” in TOKYO」が12 月 13 日(日)、お台場のZepp Diver City TOKYO で開催された。

 チョン・ジュニョンはバラエティ・ドラマ・映画など多方面に活躍している現在注目度 No.1 の次世代スター。韓国ポータルサイト KOARI が実施した<あなたがいま注目する次世代スター>アンケートでもダントツ の 1 位を獲得するなど、今後日本での活躍も期待される存在である。

JJYBAND02-s.jpg

 今回はそんな彼が JJY BAND(チョン・ジュニョンバ ンド)として来日。オープニングでは昨年、チャン・グンソク主演の韓国ドラマ『キレイな男』のイベントに参加した際、その 圧倒的な歌唱力で観客の視線を釘づけにした「一日だけ」をバンドアレンジで披露した。

 その後、イベント前半では MC を交えてのトーク、 後半は JJY BAND としてのライブステージが繰り広げられた。


JJYBAND03-s.jpg

 前半のトークコーナーでは MC からの質問に対する回答もそこそこに、自由奔放に“知っている日本語”を披露しながら、 見事なマイペースっぷりを発揮。ファン達をチョン・ジュニョンワールドに引き込んでいた。


JJYBAND04-s.jpg

 中盤にはバンドメンバーも合流 してのトーク。ここではメンバー同士の仲の良さはもちろん、1 人で話している時とはまた違い、全体をまとめながら進行に気を遣う一面を垣間見ることができた。その辺りは韓国の人気バラエティ「1 泊 2 日」など数々の番組で培った実力の片鱗をのぞかせていた。


JJYBAND05-s.jpg

 続く、後半のライブでは JJY BAND としてアーティスト、チョン・ジュニョンの魅力が全開。韓国で 5 月に発売されたアルバ ム「逸脱茶飯事」の楽曲を中心にアンコールも含め、全 11 曲を披露。アンコールでは日本のファンの為に、椎名林檎のギ ブスをカバーするサプライズも。こうしてチョン・ジュニョン初の公式単独公演は充実の内容で熱気に包まれ大成功を収めた。

JJYBAND06-s.jpg




JJYBAND07-s.jpg
最後には参加者全員とのハイタッチ。

イベント主催:(株)フラウ・インターナショナル
協力:CJ E&M
写真提供:フラウ・インターナショナル



スポンサードリンク


【プロフィール】
チョン・ジュニョン(정준영)
生年月日: 1989 年 2 月 21 日
身長:184cm/体重:65kg

発表アルバム
1st ミニアルバム「JUNG JOON YOUNG」(2013 年)
2nd ミニアルバム「TEENAGER」(2014 年)
チョン・ジュニョンバンド「逸脱茶飯事」(2015 年)

テレビ出演
MBC「私たち結婚しました」(2013年)
KBS「1 泊 2 日 シーズン 3」(2013年~現在)
Mnet「M カウントダウン」
MC(2014 年~2015 年) ・SBS「ファッション王 コリア 2」(2014年)
Mnet「THE LOVER」(2015年)
KBS「プロデューサー」(2015)

ラジオ出演
MBC ラジオ「チョン・ジュニョンの退屈打破」(2014年~2015年11月)

映画出演 「きょうの恋愛」(2015年)

受賞履歴:
MBC 放送芸能大賞今年のスター賞(2013年)
第3回ガオンチャート K-POPアワード 新人賞男性ソロ部門、今年のカラオケ人気賞(2014年)
KBS 芸能大賞 バラエティ部門 最高のエンターテイナー賞(2014年)

【公式サイト情報】
公式サイト
公式ツイッター
公式インスタグラム
公式 YouTube



本サイトで掲載されている記事、写真の無断使用・無断複製を禁止いたします。
Copyright 2014 OFFICE MARIKO. All Rights Reserved.


スポンサードリンク


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
上野まり子のアジアン・スターインタビュー